クリックで開閉

嘘予告 ザ・グレイトフルデッドな人々

265 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2011/07/10(日) 22:15:04 ID:1Lq6NDKo [5/7]
たまにはエロゾンビがやりたいヤツをやってみてほしい

267 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/07/10(日) 22:17:38 ID:nNIFZcAc [6/21]
やりたいもの……?

…………んー……じゃあ、ちょっと考えてみる……

なんだろう……普通の大学生物とか……?

268 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2011/07/10(日) 22:18:06 ID:dU/EG1uE
絶対に普通じゃない大学生ものになる気がすw

269 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2011/07/10(日) 22:18:51 ID:oiEBz5h.
なまもの

270 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2011/07/10(日) 22:19:00 ID:5D8KZDJo [2/6]
ある意味おた部の延長線上のブツじゃなかろうか?>普通の大学生

271 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2011/07/10(日) 22:20:07 ID:spSVjY2c
普通の大学……
そういやエロゾンビのTRPGプレイ風景とか見てみたいきがする

272 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2011/07/10(日) 22:20:43 ID:Fl4sBl2c [2/2]
エロゾンビの愉快な日常か

273 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/07/10(日) 22:24:03 ID:nNIFZcAc [7/21]





    ――エアライフルという競技がある――

     ――空気圧で射出される弾で目標を射抜く競技だ――




         ,_         _    __
         l|二二二ニニl''''='ニニ二__|
_  ____  ,,,------'===''------------------------、
l|~'l|    //''''''~================|,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.,>ニニニニニニニニニニニニニl
.l| |'ヽ----''/ ,,-'''''''"'"ヽk___|;l=--'''|~~~~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.|l l     .|'"      ノ ./_l__/ '--'''~
l|_l,,,,,,,,,,,,,,,,,,l     /___/
          (こ__,)



     ――そして、ライフルでなく拳銃で行う競技も存在する――

      ――あまりメジャーではないが、オリンピック種目にもなっている――

     _,.                         ,-、
    」´‐┴――――――――――――‐――‐.。┴┴、   _
   lヽ,______________,、―‐r=ュ⌒ 〉‐`Yo)
   L |                  ||||||||||||||||||  `。‐'    〈
   |`ー ――――‐‐ ァ‐‐‐‐┐┌r――t‐r=ュl――――  ┐!
   L ―――--- 、 l 〇」 ̄  Lo^>、」^l´ 二r‐、二ヽ_/Lヽ
   ``'''''''''''''''''''''''''''ヽ,ヽoノ,ニニニテ>-、`', i ',:;:;:;:'‐':;:;:;:;:;ゝ / ,. ┘
             ヽ`'/    ノノ  ヽ) !',.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:( ,'´
               | ヽ_  _,="    ノrテ=)):;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l {
               `'''ー-''===='<` ̄ii;:;:,:;r'~^ヽ:;:ヾヽ
                            ヽ  l|:;:;{    };:;:ll l
                         !  l|:;:;:`ー;':;:;:;:;:;i| !
                          !  |l:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ll !
                             !  ll:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;li !
                             !  i|:;:;:;:;:;:〇;:;:;:;:;ii !
                              !  }i;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;|} !
                          丿-'´[二ニニ二 ] }
                          `ー――――''''''''''
嘘予告 ザ・グレイトフルデッドな人々の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです その1

380 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 01:27:53 ID:Zm/rJ0Wk [3/165]



        どこにでもある日常

         誰もが享受する平穏

          多少の差異は有ろうとも、それはどこにでもあった





                          ______                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                             |iiiiiiii|lllllllllllllllllllllll|      __ ____ |++++++++++++|
                             |iiiiiiii|lllllllllllllllllllllll|     |≠≠| lココココココ | |++++++++++++|
            _____       |iiiiiiii|lllllllllllllllllllllll|     |≠≠| lココココココ | |++++++++++++|    | ̄ ̄ ̄ ̄|
              |三三三三三|       |iiiiiiii|lllllllllllllllllllllll|     |≠≠| lココココココ | |++++++++++++|    |日日日日|
         _ _j[]j_三三三三:|   __ _jiiiiiiii|lllllllllllllllllll{[]}    |≠≠| lコココココ r──┬─t ++__|    |日日日日|
L          |iiiiii|llllllllllll|三三三三|_,.|llllllll|iii|_iiiii|lllllllllllli丁 ̄丁i   H|≠≠| lコココココ |i i i i i |i i i |++「iiiiiii|i | ̄ ̄ ̄ ̄|日|
⊥._      |iiiiii|llllllllllll|三三三::| ̄ ̄|llllllll|iii| ̄||llllllllllll|├─┤| ̄|H|≠≠| lコココココ | ̄ ̄`| ̄`|++|iiiiiiii|kz| ロロロロロロ |日|
iiiiiiii|  「三三 |iiiiii|llllllllllll|zL..L| ̄:|++|llllllll|iii|+||llllllllllll|├─┤|≡|H|≠≠| lコココココ |iiiiiiiiiiiii|iiiiiiii| ̄ ̄|iii|:::::| ロロロロロロ |_|_ __
iiiiii⊥.」三:r──────ー | ロ |++|llllllll|iii|+||llllllllllll|├─| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|j |iiiiiiiiiiiii|iiiiiiii|====|iii|:::::| ロロロロロロ |llllllll|iiii|
fエ| lユユ |/| lコココココココココココ | ロ |++|llllllll|iii|+||llllllllllll|├─|三三三三三三|≡≡|j |iiiiiiiiiiiii|iiiiiiii|====|iii| ̄ ̄| ロロロ ,.rfニマiii|
7ミ| 「厂厂| lコココココココココココ | ロ |++|llllllll|iii|+||llllllllllll|├─|三三三三三三|≡≡|j |iiiiiiiiiiiii|iiiiiiii|====|iii|==| ロロ xzk?ミHiii|
やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです その1の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです その2

609 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/07/20(水) 10:51:58 ID:Zm/rJ0Wk [68/165]




                                                、Х
                                             〈`
                                               /\
                                              //.:::.:.::〉
                                          〉へ::.:/ヌ/〉
                                            /'个y´ ̄Lム、
                                         |:.'.;| [] . :::.ヒ!
                _                         |;'.:.| . : : : :ロ.::|
                   /:/\                       |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|
              ┌个┐| | .:_|___.                   |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i            .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__.        rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄               。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/?ロ⊥!        rュ    ´         '                 ルヘ:
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 瓦礫の街を歩けども歩けども人には出くわさない……火が燃える音や時折
┃ 瓦礫がぐずれる音以外には何も音は響かず、まるで街その物が死んだようだ
┃ 
┃ その中を両足と左腕を失った少女を抱えてトボトボと歩く自分……客観的に
┃ 見れば猟奇殺人犯の部類に見えてもおかしく無さそうだ

やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです その2の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです その3

839 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/07/26(火) 23:00:01 ID:ETRVVKlI [45/59]



                                                     _
                                                       /| r`l
                                                    |::|└:|
                                                     |::| ..:::|
                                      ,t                  |::| ..:::ト、
                                   -}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
                                    Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
工|工|工l工エエエl\                        `=|;:{二  |:| /\.||...::/〉:::::::,⊥;:|::rェェェェ
__|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ                |;:厂 .r┴:/.::.:.└┐/.::: __|_rェェエlエ工
_|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{                  |:;|   |..::::':::: .r:、:...|:::::r┘..;;'エエ工[工[
__|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl               、.v,,!;:.v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ ,工/\>工工工
_|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>          、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ.v;ゞゞ,上/ ./|エエ;工工
__|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,v,vゞゞ;;ゞv;ゞゞ,.上ェΥエlエ[工:[工[
_|_|_,工工]エlエ}//.::::/v、::.;.;...       ;.w;ヾ.:゙;;ミ゙':ヾvv'w:,ゞ;;;ヾ.:;ゞ彡ゞ/.\\:|エエ{工[工工
__|二l_l工工;エエl/,,;;,/    ....-::.;.;::.::::-..... .. .... . ... ... .`"''、v,;.wVゞ;v;ゞ;';\::..:\{エlエ[工工工
_|_|_l;;工工;エエl-_L-|,,;..v、       ....::. ::: .:.;:へ.;.'.. ._... .'.. __ `.';;::.._/\二:トニH.{エエ[工l工工
、.v,,;..v、, 工工エエ|-l_ L|vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙',,,ゞ、.v,,;..v、 ~~. .::/vへ\-/:/\へ . 、.v,,;.v<|ニHニ|エエ}工]工[ニ
ゞ;爻彡ヾ;ゞ;yゞ、.vk,,..vl,|ゞ゙;ミ゙、.v,,;..v<>'ニニTニニTニTニ>/./,:、:.:.\;ゞミ.:ゞ;y;、HニH.kv,l.v[工;工工
”v:";v;oゞゞ;yゞ ゞ;爻彡ヾ;,,;..v、,...:/ ./:/.ー~「l─「l─「l-|:|./ <;~~`.::: llニコ;;::/>.爻v;oゞ;ゞ彡ゞ゙;
.:゙;ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ;;ミ゙'爻。....:~~'~<二二二>~ ~~ ~/ <\\   ゞ;ヾ.</:ゞ;yゞ゙;;ミ゙':,;oゞ;ヾ;
.:゙;;ミ゙':,”:";oヾv;;ミ゙'爻vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,;.;:: .:. ....  ..'  .  ....::.;.~~`´:~:.::~~.~`.... .. . __ ゞ;ヾ゙ヾ;ゞ;yゞ;ミ゙':,ゞ.彡
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 2人で並び立って壊れた街を歌いながら歩く。時折取り残された死体の姿は見つかるが、
┃ 生者の姿は見受けられない……だが、ゴミなどの移動した痕跡はあった
┃ 
┃ 恐らく近所の小学校などの広域避難所に向かったのだろう

やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです その3の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです その4

617 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/07/31(日) 00:43:27 ID:VmR7tnvg [4/50]




        i/'/ ヽ/::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::`ー.、l `ト三'r'
          7´ ̄7:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::、::::::::ヽーi-<´
         ``ー/:::::::::::::::::::/!:::::::::::i::::::::::::::::::::!::::::::::::l}}!:::::、
         /:;:::::::::;:::::::::| |:::::::::: !:::::::::::::::::::|:::::::::::::|}|:::::::i
          |::|:::::::::|:::::::::| |::::::_|廴_-―:::|l::::::::::::::i|::::::::|
          |::|;:::ィ''''二ミ  ̄ '''.彡斥亡T i:::::::::::::::|::::::::|
           '´l::::::l彳i丸`     !::'::::ノ l .| :::::::::l:::|::::::::|
            |::::::| ! 廴ノ       ー' .,!::::::::::|:::|::::::::|
            |::::::| ,,,,,, 丶       '''''' ;:::::::::::::|,イ :::::::!
            |l:::::|             ,!_;: '_.'ノ::::::::::|
            |l/.\    ,、       , -..' :::::::::::::::::!
               |::\        , _,´_! :|::::::::::::::::::::|
               |::::::::`:..、__,  ,r´'´   |:::|:::::::::::::::|::::!
               |::::::::::::::_ト.|_r'´    _,,l,ヘ!::::::::::::::|::::!
               |:::::_./r.!}'   ,  '´    >、 :::::::!::::!
           __,,r/´薔)`ヽ ,  '´   ,..:::':::/` ー;、:|
          /:::{  {ゝ、__,_/,イ     /:::::/  ノ´::::::::ヽ
         ./::::::{ , ゝ, _,ノ、    /:::::/  _ノ´:::::::::::::::::.、
        /::::::::/ / l |  ヽ./:::::/__,ノ´::::::::::::::::::::::::::::i
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 黒猫は掃除を終え、窓から外を見ていた。やる夫の両親の部屋は埃っぽかったが、それ以外は
┃ よく整えられていて掃除機をかけて拭き掃除をするだけで済んだ。大きなクイーンサイズのベッドや
┃ 上品な棚があり、その上には幾つかの写真立てが置かれている。
┃ 
┃ 眺めるのは外の風景、そして向かいの家の屋根。何とかやる夫のように素早く移動が出来ない
┃ ものかと考えていたのだ

やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです その4の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです その5

21 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/08/01(月) 20:01:43 ID:ae35N5cI [3/17]

             ,..r--―――-、__r、_
          ,.rl,./-'´ ̄ ` ̄ヽー{ ソ2.}
         く/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞt-ハ
         / ::::::::|:::::::::::::|:::::::::::|:::::::::::|:: |
         |:::::::::::|::::|l:::::::|:::::::::|:::|:::::::::|:: |
         L,__|=二,l --'二二 |::::::|:::|:: |
          |:::| i...リ    i...リl |::::::|:::|:: |
          |:::| ;;;   ,   ;;; ・ノ::_,rノ}::::|
          V´l         ,.--'`:|::::|
            |ゝ、  -   ノ_|::::|::::::::::::|
            | ::::::`t- ' /`',.人_:|:::::::::::|
           __|__,.:r'´`、/ /   `>-,|
          /:,:::ヽ  r--,    ,.r-'´/::::::::\
          |::ヽ::::\{=<ミハ,.r'´::::::::/:::::::::::::::::|
          |:::::|::::::/`,|__,、_,lヽ::::::::::|::::::::::::::::::|
          ,l:::::|:::::t-' |- T- }::::::::::|::::::::::::::::::|
         /::::::::|:::::'--t-、-t-`:::::::::|,.:::::::::-、,t,
         ヽ:::::::|;/イ \\:::::::::::/:::::::::::::ト><}
          Y:::::::l  }| o |{ `ヽ-=|、_::::::::::::::::::/
          |::,.:::::} / o//  |   {::::::::::::::r'
┏━━━━━━━━━━┓
  黒猫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ (酷い目に遭ったわ……いや、大分楽にはなったけれども)


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 休憩が終わってから十数分後、2人は荷物を置いて家を出ようとしていた
┃ 
┃ やる夫は腰に無骨なナイフをぶら下げ、背中に同じリュックを背負っているが中身は水と軽食だけが
┃ 入っている。ここから自転車で行くつもりなので出来るだけ軽装で行きたかったのだ

やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです その5の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです その6

170 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/08/13(土) 16:35:03 ID:0VWcBJCI [58/78]




  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―――‐―‐―――――――――.…..... .. ...
.                /|! || || \  __ __ . . . . . : : : : : :___ : :: : : : : : :: _ :: : : :: :: :: : ::: : : : : `
              ./ .|レ=¬=、 |\          . : : : : : : : : : : :: :: ::: :: :: : : : : : :: : : : : ::: : ::: : ::: : : :
            /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
              /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
           l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______.{≡}_____    __ __
          ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||\|l_||_||   ||_||_
          ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||___l\_||_||   ||_||_/
    , - -――‐┴┴┴┴-..」.  |   | |   |_||  \   |   ||___/_」|_||___||__.\._.||   |  /__.|
   /l|ヒl \ 、 : : : : : : : : :::::: \||┐.」 |   |_||___.\l|   |/_||___||_||___||_||_\.   |/_||_|
  lレ'.|ヨ|  トェェェェェェェェェェェェェェェイ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/              \/
  j!!コココニ≠IIIIIIl]]]]] ̄ ̄]]]□_| | : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::|____________| ハ,,ハ,,, ,,ハ,,ハ,,,
  | ||..:::| | | |   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: ::::::|  __ ___   __ ___  彡炎ミy'彡炎ミ
  | ||:::::| | | |  || |:::|| ̄~|| ̄~|]| | : : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::| |___||___| |___||___| 彡;災ミ彡;災ミ
‐┴===‐┴ー-ニ」|__|:::]]]]]]]]]]]]]]|..| : : : : : :.:.:.:.:.::::::.:.:::::::::::::|____________|_|l|__|l|
       .   ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ^""  "~゛
 "  ''               : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
          。         : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 公民館へは特に何の問題もなくたどり着けた。建物は比較的しっかりと生き残っており
┃ 遠くからでも人の気配が感じられた。病院の医師もこちらに避難しているそうなので自然と
┃ 人が集まってきたのだろう
┃ 
┃ 更に近づくとさして広くない駐車スペースに無数のパスやトラックが止まっていた……

やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです その6の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加


まつげケア