クリックで開閉

やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第一話

727 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/06/06(月) 02:09:52 ID:DJ7VbOgs [34/83]


:::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 十:::
::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::・::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::
:::○:::::::::::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::・::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄~"'''‐-,.、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡⊂二⊃::::::::::::::::::::::
:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::
"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、:・::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::
:::::::/               .:゙‐、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::
/~                  :`、:::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::
                      ゙、:::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       ゙、::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::
                        ゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::
)  __                    ゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  (:::::::/                   :,:::::::::::::::::::::::::::::::::o::::::::::
  ノ::::/                    ;:::::+::::。:::::::::::::::::::::::::::::
  |::::|                     i::::::::::::::::::::::::::::::::::::・:::::
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ こことは違うどこか遠い世界
┃ 
┃ そこには超常の力や、人間に近い姿をした人類の亜種が生きていた
┃ 
┃ 一枚板の大陸だけが浮かぶ惑星で、連綿を続く殺し合いを繰り広げながら

やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第一話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第二話

128 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 01:10:38 ID:P0SGBmVE [18/97]
眠くないな……

ちょっとだけ暗愚王の導入だけやろう……

129 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 01:11:42 ID:vO2domag [9/28]
全裸待機余裕でした。

130 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 01:12:17 ID:cImG5JFE [28/66]
賢者な暗愚王か… たのしみだ

131 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 01:12:28 ID:9KGGccgs [1/8]
今夜は熱いし全く問題ないな

132 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 01:13:53 ID:P0SGBmVE [19/97]

―――――、=i|| |               | || ,―――――――――
========、/| .|| |___________| || |\,================
| | ||| | | |.l||゙ | .|| |_ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._i| || | ゙||l.| | | ||| | | | | | | |
|_|_|||_|_|_|,|||.、 |=|| | || || || || || || || || || || || || || || | 、.|||,|_|_|_|||_|_| | | | | |
三三三三]| ,| .|| |_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || |, |]三三三三三三三三
| 、.| || | | l||i.゙ | .|| |___________| || | ゙.i||l | | || |.、 |.| | | | | ||
|___|_||_|_|_|||  |=|| |.ー―――――――――‐| || |  |||_|_|_||_|___|.|_|_|_|_| ||
三三三三]| .| .|| |               | || | ,|]三三三三三三三三
|.| | |  |.、||| '' | .||/                 ヽ|| |  |||、,|  | | |.| | | ||| | |
|.|_|_|_|__|||  |='                 ..=|  |||__|_|_|_|.|_|_|_||| |_|
三三三三]|, |                   .| , |]三三三三三三三三
_|  ||.| ||.l || . ,!                       !、 || l.|| |.||  | | | ||||.|  |
_|_||.|_||」.||,/                        ヽ||.「||_|.||_|_|_|_||||.|  |
========'′                      `'.===============





  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/                              \   |\\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 城の一角には蔵書室が儲けられていた。無数の本が本棚に並び、
┃ インクと羊皮紙の匂いが場を支配している
┃ 
┃ そして、この部屋は半ば以上やる夫の執務室と貸していた。帳簿や資料も
┃ 全てここに収められているために必然的にここで仕事をした方が
┃ 効率が良いからであった。玉座の間は言うなれば座って仮眠を取る場所だ

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第二話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第三話

402 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 20:43:16 ID:P0SGBmVE [59/97]

―――――、=i|| |               | || ,―――――――――
========、/| .|| |___________| || |\,================
| | ||| | | |.l||゙ | .|| |_ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._i| || | ゙||l.| | | ||| | | | | | | |
|_|_|||_|_|_|,|||.、 |=|| | || || || || || || || || || || || || || || | 、.|||,|_|_|_|||_|_| | | | | |
三三三三]| ,| .|| |_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || |, |]三三三三三三三三
| 、.| || | | l||i.゙ | .|| |___________| || | ゙.i||l | | || |.、 |.| | | | | ||
|___|_||_|_|_|||  |=|| |.ー―――――――――‐| || |  |||_|_|_||_|___|.|_|_|_|_| ||
三三三三]| .| .|| |               | || | ,|]三三三三三三三三
|.| | |  |.、||| '' | .||/                 ヽ|| |  |||、,|  | | |.| | | ||| | |
|.|_|_|_|__|||  |='                 ..=|  |||__|_|_|_|.|_|_|_||| |_|
三三三三]|, |                   .| , |]三三三三三三三三
_|  ||.| ||.l || . ,!                       !、 || l.|| |.||  | | | ||||.|  |
_|_||.|_||」.||,/                        ヽ||.「||_|.||_|_|_|_||||.|  |
========'′                      `'.===============





  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/                              \   |\\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 昨日と同じくやる夫は執務室で仕事を片付けていた。備蓄物資の管理や
┃ 戦略資源の買い足しに、細々と行っている交易の取りまとめだ。
┃ 
┃ 正直に言うと王がするような仕事ではなかった。普通なら執政官でもおいて
┃ 片手間に終わらせてしまうような仕事だ……

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第三話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第四話

816 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/06/09(木) 21:54:56 ID:ppeYVHs6 [6/32]



―――――、=i|| |               | || ,―――――――――
========、/| .|| |___________| || |\,================
| | ||| | | |.l||゙ | .|| |_ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._i| || | ゙||l.| | | ||| | | | | | | |
|_|_|||_|_|_|,|||.、 |=|| | || || || || || || || || || || || || || || | 、.|||,|_|_|_|||_|_| | | | | |
三三三三]| ,| .|| |_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || |, |]三三三三三三三三
| 、.| || | | l||i.゙ | .|| |___________| || | ゙.i||l | | || |.、 |.| | | | | ||
|___|_||_|_|_|||  |=|| |.ー―――――――――‐| || |  |||_|_|_||_|___|.|_|_|_|_| ||
三三三三]| .| .|| |               | || | ,|]三三三三三三三三
|.| | |  |.、||| '' | .||/                 ヽ|| |  |||、,|  | | |.| | | ||| | |
|.|_|_|_|__|||  |='                 ..=|  |||__|_|_|_|.|_|_|_||| |_|
三三三三]|, |                   .| , |]三三三三三三三三
_|  ||.| ||.l || . ,!                       !、 || l.|| |.||  | | | ||||.|  |
_|_||.|_||」.||,/                        ヽ||.「||_|.||_|_|_|_||||.|  |
========'′                      `'.===============
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 後日、一人で例によって書類を片付けていた
┃ 
┃ 開拓や開墾をするにしても新しく儲ける物を決めようとしていたのだ。
┃ 南部の森はエルフ達の物だから手を出さないとしても、作れる物はまだ多い

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第四話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです オマケ 魔術師になろう!

960 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/06/09(木) 22:57:27 ID:ppeYVHs6 [27/32]
                          オマケ 魔術師になろう!


      /: : : : : : : : : , ' ´ : : : : : : : : : : : : : \/: : : : : :ヽ,
      /: : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : ヽ, : :ヽ: : : : : : : : ',
    /, -‐‐/: : : :/: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :',: : :|: : : : : : : : :l
   /  /: : : : .:/: : : : :/⌒ l: .: .: :.⌒ヽ : : : : :|: : |: : : : : : : : :|
     /: : : .:/: : | : : |: / .|: /|.: :|.: :八: : |: : }: : |: : |: : : : : : : : :|
    ./: .://: : : | : : レ ィ=ミ' |:.八/ィ≠ミ|: /.: .:.|: :/.: .: .: : : : : :|
    {: :/  |: : l: :| : : :{{.んイ} ∨  ん心レ }: :/.:/|: : : : : : : : : |
.     ∨   |: /|: 八: :l. 込ソ    込ソ 〉/: :ハ/ .l: : : : : : : : : |
.          レ レ'|: :ヽ⊂⊃           /: :/ノ  |.: : : : : : : : :|
           l: :/∧   マ ̄} / ̄ ̄ ̄`ヽ、| : : : : : : : : |
           ∨/: /\   `ー'/   , -‐‐  \: : : : : : : |
               {.: |.  `ト--{   /       ヽ: : : : : :|
            ヽ|  _,ノV´ ̄`T ヽ  , -‐     l: : : : : |
.      , -‐──一'7´/ {.   └‐ノ/        |: : : : .:|
      / , -‐─一'7  レ'{\─‐<_/   , -‐‐  ∧: : : : |
     ./ /        {   | .厂|\   ヽ/     / }: : : :|
┏━━━━━━━━━━┓
  なのは
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ やほーい みんな大好きなのはさんなの!
┃ 
┃ 今日はみんなに魔術師の成り方を教えてあげるから中耳炎になるまで
┃ 耳掃除して丁寧に聞くの! そこ、ノート出さないと消し炭にするの

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです オマケ 魔術師になろう!の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第五話

69 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/06/13(月) 23:02:24 ID:RFoMQpR2 [7/20]

|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  | : | | | | :l | | |:::::||/;;;;;;;;;::..    ..:;;;;;;;;;;| |:::::| |||:: | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |__,l | | |_;l | | |                 | ||l:__ | ||l._
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |_| | |_| | |                 | ||__| ||_
______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |  | | | :::......             ....::::| ||   | || _
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |  | |. /;;;;;;;;;;;::.           .::;;;;;;;;;;;;;, ||   | ||l´
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |  | |/;;;;;;;;;;;;;:::::.       .::::::;;;;;;;;;;;;;,||   | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |                         | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |                         | ||l._
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |                         | ||_
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |                         | ||
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....                      ......:::| ||
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::                   :::;;;;;;;;;;;, ||
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  |  | |/;;;;;;;;;;;;::::::                  .:::::;;;;;;;;;;;;;:,||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  | :::::...
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  |       | | /;;;;;;;;;;;;;..
______________.| |  |       | |/;;;;;;;;;;;;;;;;::::
                         | |  |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ある日の昼下がり。王族が食するにはあまりにも貧相と言える食事を
┃ 胃に押し込んでから、やる夫は執務室とは名ばかりの書庫で本を読んでいた
┃ 
┃ ここに移住した遙か昔の先祖が山と残した技術の解体書を読みあさっていたのだ。
┃ とは言え、それらは古代語で記され古ぼけているので解読は進まず、また
┃ 図柄が絵が描かれていても何の物か分かりさえしないので殆ど意味がない……

┃ そんなとき、執務室の扉を叩く者が現れた。入室を許可するとむわっとした
┃ 臭いが侵入してくる……ドレイクが発する香りだった。繁殖期が近いので
┃ そのホルモンが訪問者の身体にべったりとついていたのだろう

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第五話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第六話

442 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/06/17(金) 21:28:23 ID:R5Wd3RyI [10/57]

|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  | : | | | | :l | | |:::::||/;;;;;;;;;::..    ..:;;;;;;;;;;| |:::::| |||:: | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |__,l | | |_;l | | |                 | ||l:__ | ||l._
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |_| | |_| | |                 | ||__| ||_
______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |  | | | :::......             ....::::| ||   | || _
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |  | |. /;;;;;;;;;;;::.           .::;;;;;;;;;;;;;, ||   | ||l´
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |  | |/;;;;;;;;;;;;;:::::.       .::::::;;;;;;;;;;;;;,||   | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |                         | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |                         | ||l._
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |                         | ||_
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |                         | ||
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....                      ......:::| ||
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::                   :::;;;;;;;;;;;, ||
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  |  | |/;;;;;;;;;;;;::::::                  .:::::;;;;;;;;;;;;;:,||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  | :::::...
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  |       | | /;;;;;;;;;;;;;..
______________.| |  |       | |/;;;;;;;;;;;;;;;;::::
                         | |  |

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ある日、珍しくエヴァンジェリンが首脳部(総員4名)に招集を掛けた
┃ 
┃ 理由は定かではないが、集まるのは玉座の間ではなく、例によって
┃ 執務室である。


【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第六話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです イベント 亜人の自由

649 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/06/17(金) 23:01:45 ID:R5Wd3RyI [43/57]


 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
:;.:";|./:;.:'";゙:.:゙,:;ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
':;,`:ヽ|/,':,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''
";*'.:.:;”:;,`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:; ,:;.:';';';::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';',: '::;.:"
:".:;.:'"i゙:.:゙,:;、,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`: :::::: '''''"""''""''''""''"''''""
":;*;;:ヽ|i/:;,':,:;.,:;.:∨//.:";w
::;.:";|./:;.:'";゙:.:*゙,:;//,:;、,"ノ'.:;ノ'.
.:;,`:ヽ|:i.|;,`*/,':,:;ii|,:;/.:*::;.:"::
.;;\.:|:i|i;,`:;,:;.:'|ii"゙:.:゙,/:;、.
::;*:".:;.|i;i|i;,`:;,'*iiiゾ:.:゙、*,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`
.:;,*`ヽ|/:;,':,:ソ|、_,.,:;.:∨//.*:";'/.:.:;”:;,,,
.*:;.:'";|'ノ.:.:;”:;,`:;:i;|.':,”ソ::.:゙,:;、,",,,,-
┏━━━━━━━━━━┓
  少女
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 生活は酷く苦しかった。
┃ 
┃ 自分と、自分の家族は所謂奴隷で、自由なんて物はどこにも無かった。
┃ 延々と田畑を耕し、その対価に野菜の切れっ端が浮いたスープや
┃ 殆ど重湯と変わらない粥だけが日に二食供される
┃ 食事が貧しいから、身体の弱い子供や老人はどんどんと死んでいき、環境の
┃ 悪さがそれに拍車を掛けた。家の農場だと8家族が狭い建物に
┃ 詰め込まれていたから衛生環境は控えめに言っても最悪だった


【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです イベント 亜人の自由の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第七話

408 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/06/23(木) 22:48:38 ID:pM6PsRYI [12/29]



         / ̄ ̄ ̄\
         /        \
      /   ─   ─  ヽ
       |   (●)  (●)  |
      \   (__人__) __,/
      /   ` ⌒´   \
    _/((┃))______i | キュッキュッ
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 普段通りやる夫は執務室で淡々と仕事をこなしていた。開拓民への
┃ 支援の段取りや、職を与えるための仕事だ
┃ 
┃ その最中に執務室の扉を叩くものがあった
┃ 入室を許可すると、入ってきたのはプロシュートだった


【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第七話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第八話

19 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/07/16(土) 00:24:31 ID:l0hpiJUw [3/119]







           __________
          //|∥∥∥∥∥∥∥∥∥
        /;/ ;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /;;/   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /;;;/ :::::::/
   /;;;;/;::::::::::/
  /;;;;;/:::::::::::::/
/;;;;;;/:::::::::::::::/
 ;;;;/::::::::::::::::/
;;;/::::::::::::::::::/
/::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 城の縁で珍しくやる夫が外に出て空を眺めていた
┃ 
┃ その先には小さな点のような影が見えるが、それは一度弧を描いて飛ぶと
┃ どこかへ去っていってしまった……

┃ 簡素な服の上に纏った外套が巻き起こった風に煽られて揺れる……

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第八話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第九話

403 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/07/16(土) 13:55:05 ID:l0hpiJUw [45/119]
                                              __,,<三/__ノ
                                              ,,'’三>―<./
                               _             /三>'’     /
_                               _ \\∧∧∧∧,,<_,r< ./ ̄  ./
`ヽ\                       _ \\ ∨!_.!∨三>'´   !  ∨     /
  \\/i/! ,、      _          \ \\\|爻爻<    ̄ ̄|. .∧    .|
\|`ヽ\爻|/:|/|/|  / /                \_/´:爻./ ̄`ー>== 、.弋ノ   ̄\ .|
 ∧ ∧.\爻`ヽ_// /               |三.∧∧  _     `≧ニヽ、    .|
`´ `´__,>ミ爻爻<´          ,..イ     |ミ/  !?   ∨ ̄ ̄|  `'<:>、 |
/ ̄ ̄ ̄ ̄\!ミ三ミ|    __∧_∠./     ./∨   ! |:∧  弋_/ ̄|_  `'ヾ_>=-.、
   _i´`ヽ/ /∧三|    \/ ̄,.イ_>     /ミ.!   ! 弋∧   /         >―、_ノ
 /`ヽ、 ヽ .// .|ミ∧     Σ! />       .|三.!   !  ∨ト、 \    .>'’ ̄
     Y´.//  ∧三!    .∧/リ\!      |ミ∧  l    ∨.!       ./
         |_|  i! .|三|     .|∧i. __ 、-.、iヽ、/∧:::!  .|!     ∨!    /
`ヽ、    |_|  i! .|三|、 .   |_.∧...\.人〉ノ\!\i!∨   !>-、  ?   /
.  \   ./_|  .! .∨爻\_|_,.イ下\`ヽ≧\ ∨|.  ,i   ii  ? ./
     \ |ミ:| /\ \爻≦ヾj<二二ス}》>}ァ弋ァ-〈 /:i  /    ∨l、
.     ∨ミ:| ||   .\ `<爻.|≦ノ`ー<リ戈二>\/ ̄ノ        |/|
        |三|    ./\. 戈仝/! ./ ii.\》   ̄`! _>'´ ̄ ̄ ̄\_|
        |∧|,,´ ̄`'< .\ .∨ | .|! .!    ∨ _>'´
      |::::|       \.:ヽ| |! ! 弋、  //¨\
.       ∨           \|  ', .\ /  ,.イ人从人
                 __弋  \,.∨ヽ,..|从从从从
              ,.<入人\ 弋i i .|从人人,.イ
                 人_人_ノ  ̄\. ヽ  .从人人人|
                >、人/ ___><从人人人ノ
.              /><__,ィ  ノ  .弋人人人ノ
                ´ . __/ ̄ .:/       |三|__
                ∠∧_/_,.-、 \.    _/∧∧\
                  ∨ ∨  .`¨´     .` ∨∨ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 城の後ろに広がったドレイクの発着場にルーデルが単身で狩るドレイクと、
┃ 大型の橇を牽いた四頭の飛竜が静かに着地した
┃ 
┃ 飛竜はドレイクに相当怯えている様子だったが、騎手が懸命に押さえつけている

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第九話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第十話

583 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/07/16(土) 20:24:42 ID:l0hpiJUw [76/119]


            _     __上ニニニニTR
         rニニニiヲニコT彡t―.王ニニニニニ=、=┬┬┬-D
         ├──────''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||ミ:.:.: : ::┴┴┴ヲノ
         │: : : : : ┌──┐: : : :┌┐: : : :||il───┐li /┬──┐
         │┌┐: │┌┐│: : : :││: : : :||: : : : : : ::│:::/:┬┬┬ヲ
        フ::││: ││││: : : :││: : : :||:──┬─V:┌───、
          /:::││: ││││: : : :││□: :||:──┴ ‐/∧: : : : : : : \
      _  /:::::││: │└┘│: : : :││: : : :||: : : : : : : //: : \/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
  , ' ´,-i i-`'、:::::└┘: │    │: : : :└┘: : : :||: : : : : : //: : : : : /´三三三 /
../ ハV | | .//ヽ::::: : : : │    │: : : : : : : : : : :ノ: : ,、: : //: : : : : /三三三三 /         ノ彡ミミヾ?rツ   ノ彡ミミヾ?rツ
{ ヘ V | |//  >',::::::::: :│    │: : : : : : : : : //ノ/∧://__/三三三三 /       彡´  r  ム jl   彡´  r  ム jl
i.l  \V..|/ //廴、:: :│    │: : : : : : : //_ ././//__/´ ̄/ ̄ヽr――-、     彡    入 ヶ {l7 彡   入 ヶ {l7
|.|---{  ヾ/_{i|ミ: ー┴──┴──<_/ , -''´  ̄ `' 、     /  //,r ´  ̄ = ー イ     //  ヽ _」l     //  ヽ _」l
|.|_ - ''v/ソ、____|.|├─======-==-==-=//ヽ | /ハ 'n二二二二二二二二二⊃l    { ハ二?リ|    { ハ  ?リ
' ,  //| i \ ̄ | |/i l┴──、 、 フ ┬─/ /\  V // >、 ',三三//{  レ      !   !l }     !    !l }
.V/ ./ .| .i  V//ヲ┘│   ヽ.... │ 7 .ト、_>-、/_ ゝ',三彡ノ t   ヘ       l    j l j     l    j l j
 V /. . | i  ///.. . └─   `''---.┤ |___it j }ミ=、 | iフ=. 、ヽ>、 ゝ、、_  tヘ / ノ ハ _  tヘ / ノ ハ
  \ミー >//              { ハ  //不/ヽ`'-i }   .`'{ k  〈    ̄{  V-<.ハ   ̄{  V-<.ハ
   `ー―''´                ヽ V ./ | ヽ V ./       .l 「 ?こ、   y }  ? j    y }  ? j
                         \ソ-.上__ソ/       ノーl   \ヽ   } l   ヽ‘、   } l   ヽ‘、
                          `''ー---'''´      .ゝー'’    ヽ\ ノン      v`、 ノン      v`、
                                                  辷イ/      yヘ、/      yヘ、
                                                   し'        辷 コ        辷 コ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 馬車が一台、数騎の護衛に囲まれて進んでいく。簡素ながら上品な作りの
┃ 馬車で、側面には薔薇の紋章が刻まれていた。
┃ 
┃ 広く整備された街路を闊歩していく様を通行人が訝しげな視線で眺めるが、
┃ 特に干渉することもなく通り過ぎる。ただ、こんな大仰な一考が二板の中央通りを
┃ 行進することが滅多になく、珍しいから眺めていたのだろう

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第十話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 本編導入部+キャラステータス

351 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/08/03(水) 20:11:50 ID:XFyjAD0. [22/58]
そんじゃあ暗愚王の導入だけするか……

その後でポケモンやってしまおうかしら……

352 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2011/08/03(水) 20:14:41 ID:WO2xjAFw [7/13]
ひゃぁあー 新鮮な暗愚だー

353 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2011/08/03(水) 20:17:44 ID:loHznvIU [2/3]
うひゃひゃひゃ、暗愚じゃ暗愚じゃー

354 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2011/08/03(水) 20:22:27 ID:voPF8wuY [6/9]
ヒャッハー 新鮮な暗愚王のストレス性胃炎だぁー

やる夫(´・ω・`)

355 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2011/08/03(水) 20:22:30 ID:pdI2Lsag [6/32]
暗愚きたー水銀燈がどうやる夫を落とすのかwktk

356 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2011/08/03(水) 20:23:50 ID:s5wuO6oo
何だ、新スレ立つのか?
wktk

357 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/08/03(水) 20:24:06 ID:XFyjAD0. [23/58]
┏━━━━━━┓
  一年の流れ
┗━━━━━━┛

・一年は八期であり 初春 晩春 夏期 晩夏 初秋 晩秋 初冬 厳冬 に分かれる

春期:一年の初め 決算期 初春に年間支出が支払われる

夏期:一年で最も温かい月 開拓や増築の効率が上がる

秋期:収穫月 税収がこの晩秋に入ってくる

冬期:雪に閉ざされる 開拓や増築は基本的に不可


・一期ごとの活動

一期毎に基本行動が四回行える
 内政・外交・諜報・軍事 の四種類

内政:開拓 開墾 投資  など国内の運営に関わる事

外交:交渉 朝貢 交易 など国外との交渉

諜報:諜報員を放ったり、情報機関への投資など情報戦術に関わる事

軍事:募兵 演習 練兵 編成 治安維持 武具購入 など軍事に関わる事

一部イベントの消化


・それ以外の活動

一期に二回、領内の人間とコミュニケーションを取ることが出来る
仲良くなったり能力を向上させたり、また、新たな人材を捜すこともこの行動で行える
【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 本編導入部+キャラステータスの続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加


まつげケア