クリックで開閉
カテゴリー  [ できる夫 マイナス・ゼロ ]

できる夫 マイナス・ゼロ 予告

966 名前: ◆V5MoR28LME[sage] 投稿日:2016/03/14(月) 20:17:58 ID:FM8lQqiU [2/15]

 ┌─────────┐
 │ 昭和38年5月24日  │
 └─────────┘

┌─────────────────────────────┐
│                          ト、          __          │
│            /(      -‐== ノ 丶 =‐-     i{          │
│              \/      /   .il|       il|          │
│               \         ノi|      ノリ          │
│         /     \  } {::      /;:斗    ー=彡 __ _  _ __      │
│         ′       >                   ̄   =‐-    7     │
│       {i:{       {   ..イ                     //     │
│        `:.≧=‐-   \/ ::j       ト、         / /      │
│         ,´          !;:. '  ∧         .   \ /   /       │ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
│        /      i|       ′     {:  ;     ヽ   /        │ |  これが日大の入学式の時の写真です  |
│           ,'     i|   {i ,    }\          ー=≦\/         │ ヽ_________________/
│       {   {{    八   У   ム-‐==__}ノ `ヽ,  丶  \       │
│            __ \    /   -‐r 、¬ {   i 刈 } }    ヽ     │
│              ∨ {坏しr\ ∨    ゚刈゚ ;    レ′ノ    /        │
│              ∧ハ 乂i:ji         __゚゚ ノ    ;. .    /        │
│        \/    -‐                 ,      \       │
│                  (..__           / ̄ ̄≧‐-  \       │
│                   __゛ _,,      ∨::.}/   刈        │
│                 `     ー       / .::: У   / 人        │
│                  >  __   -‐≦ ..::::/         }       │
│                /  /    {::::::::::::::::::::::/      -‐‐く         │
│               /  /   /::::::::::::::::,.      /      ヽ _       │
│                i   /::::::::::::::::/     /   /     ` ` 、    │
│                {   ゞ{ /::::::::::::::::/   /   /          }   │
└─────────────────────────────┘



       _/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/|_
       \                                          /
       < ぶわっはっはwww                        >
       <                                   >
       < 部長、マジっすか!?変わりすぎっしょ!www  .  >
       /                                         \
         ̄|/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄

.

できる夫 マイナス・ゼロ 予告の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第一話

6 名前: ◆V5MoR28LME[sage] 投稿日:2016/03/18(金) 21:00:29 ID:lMS7srU60 [1/88]

_____________           ヒュルルルル…      ,_  _._
──────────────                    、,-'´/_,ノロ:i、
____________                   (i''´ ̄+' _,/゙´_,,,,..ノ
_____________                    ̄''''' ̄''''´
──────────────       _,-、  ,-、       、`, ` 、
___________      ___ k,-'´ / _,-'◎|       、,`、    _,---, _,,_
_______         fi´''´ t'´ _ / ̄__,,,,,,..)-         _,-'´☆/./(X)i
___                 ̄`ニ' ̄`ニ' ̄      ___n'___,Kニ)  /_,ノ    i、
_____                _ =_        (ミ-'-'   fkイニ___/ ̄=☆=  __,>-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             = =        `ーー,ーー,ー,ーー,''''´ ̄ ̄
─────────────     _` _             ̄ ̄   ̄ ̄、    //
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 、  = `          == ` __ =='  _,-ー,//
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               ==  = ___ == γ   `-'i___,,,,,,----------lilil----
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             _,,----,--'''''''i'''''''''i''''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             /l{il`ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            ,,,-'''´ ,|---/__|---|---i    | ̄|                i:|il:;;:;:| |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            /i| ̄ ̄|_,/__,,,i---'---'      ̄        |ik      (シ];:;;:| |
___________         /-i-| ̄ ̄ :::_,>o==i:      _,,,,,,,,-------     i{|,-、----,---lii|i;::;//
                        ===)-/-i:::::::::::::::く(゚ー^,) '゚:::::::: ,,-''´Mother    :::::::::::: i|i;:;:;`i i  |  `lil-'----
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           ヽ--i:::::::::::::::::`(゙, ゙)'ヽ_::::☆--、_,,,,_Country__:::::::::: (シi;:;:;:| i  .|  lil
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       `-'、:::::::::::::_,イ、_,,ノ:`ー'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |li、;;;:;ノノ /
───────────────       `ー、_::'ー-'じ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ili ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
──────────────────       ̄ ̄ ̄""""""''''''''''''、ーーーー,ーー,ーー,ー-----------,---
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               ====) iニニi  ノ   i;;;;;;; ノ____________________ノ
─────────────────                     `ー--ー'´   ヽ;; /_______/
┌─────────────────────────────────┐              _
│                                                │        (i ̄ ̄)ニ|_|
│大本営発表(昭和20年5月26日16時30分)                            │          ̄ ̄.   __  _
│                                                │              (i__)ニ|_|
│                                                │    (i ̄ ̄)ニ|_| __  _
│南方基地の敵B29約250機は昨晩5月25日22時30分頃より                │
│                                                │
│約2時間半にわたり主として帝都市街地に対し無差別爆撃を実施せり――    │
│                                                │
└─────────────────────────────────┘

.

できる夫 マイナス・ゼロ 第一話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第二話

108 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/03/25(金) 21:00:33 ID:cQUR47Nc0 [2/100]



                            昭和20年5月

                                  ▼
                                  ▼↓
                                  ▼

──────────────────────────────────────
                                   ________
                                 ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/〉
                                ./v√v ̄w ̄レ ̄ ̄'7/
                                /           //
                         /レ''''v~~W~~~~` ワ' ̄/     .//
                        /  / ̄_ ̄.|   /_/ /     .//
                 /W~~~|/V''|/レ'~~ 7 _/   /    7  .//
                /   .___    / く   / ̄/_./ ̄  .//
               ./   / _  |   /._〉 /  /         //
         /|/|/~~V''i/~~レ'7 /   /  /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.//
        /   __     .//   / ̄  /.三三三三三〈/
       ./   /   /    ./  ̄/  / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /     ̄/ ./    ./ ̄ ̄ / ̄ ̄
     ./    ./ ./     / ̄ ̄/
     /    /  /     / ̄ ̄
   /      ̄ ̄    /
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
──────────────────────────────────────

                                  ▼
                                  ▼↓
                                  ▼

                            昭和38年5月



.

できる夫 マイナス・ゼロ 第二話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第三話

221 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/04/01(金) 21:00:30 ID:hiiGQsF.0 [1/85]

   室内の明かりがまぶしくて、

   最初にわかったのは、
   相手が自分より背が低いということだけだった。


   ヽ                                   /        /
 ヽ   ヽ,                                 /.        /
   ヽ   \                ィ:=キ::::ミ::ニ 、         /        /     /
     ヽ   \           /三三三:三:三=:=` 、     /.     /.     /
      ヽ            x=三三三三}三:三:,三=:`..  /     /.      /
               , :三三三三三,:三:三:,三:三 :../   /.     /      ./
                  /:三三三三三ミ,:三:三:{:三:三:=:           /      ./
  \          /三三三三三三,:三:三::}三三三:}.          /      ./    /
.    \       ,::三三三三三三,::三:三:/三三:三:i.        /         /    /
       \.     /三三三三三三/:三;三/三:三:三=}..    /         /    /
              ア三三三,ァ:ニ:ニ:≧s:、:=:/:三:三:三三:...  /         /    /
   \.       {三三三ミ!: : : : : : : : : : ヾ、三三:三三::. /         /    /
    \.     !三三三ミ|: : : : : : : : : : : : :ヾ、三三三::         /    /
.       \..   i三三三ミi: : : : : : : : : : : : : : : :` 、三三.           /
            ‘三三三ム: : : : : : : : : : : :: : : : /: :.三:=}            /
               >三三三ミヾ: : : : : : : : : : : / : : : `、:/.        /
           {=ヾ三三三三`: :、: : : : : : { : : : : : : :}
               !三三三三三三ミ≧、 : : : i : : : : : /ノ
.            ,.ィ三三ヾ _三三三;}=三}=ニエ=ェrニ三/
.         ,.ィ三三三三三三三三l}三三! :{x} :/三}=:{
      ,.ィ彡三三三三三三三ミ,:シ三三,: ,述},:三/:三:\
.   ,ィ≦三三三三三三三 シ三..三三,: 去=:!三{:三:三:`=.


   ついで、逆光の中に浮かんだ相手の輪郭が見えてきた。

   妙な服装だった。

   フードのついた上着。
   そのスキー服のようなものに、俊夫は見覚えがあるような気がした。

.

できる夫 マイナス・ゼロ 第三話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第四話

321 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/04/08(金) 21:00:25 ID:Q.Zl3lUw0 [1/62]

   俊夫も、会社の接待などで、
   バーやキャバレーへよく行くが、

   ホステスたちと話していて、
   一番困るのが、これだ。


::;:::;:|,|::;:::;:::;:::;::;:::;::|,l:;:::;:::;:::;::;:::;|,i:::;:::;:l.l::;:::;li::;:ii:::;::_/./
_.γ_._ヽ≡≡__γ_._ヽ≡≡γ_._ヽ_/_ヽ_.∩.∩≡l/::::::::::::::::::::::::::
::;:::;:::;:::;:::li=========il|┌──┐|~~l
::;:::;:::;:::;:::liⅡ∀Ⅱ∀|i|l__l§l__l§|i||│    │| . |::::::::::::::::::::::::::::
::;:::;:::;:::;:::li====|i|====|i||└──┘| ./
::;:::;:::;:::;:::li∪∇∪∇|i|日Ξ日Ξ|i||____|/:::::::::::::::::::::::::::::::
____________________,.ノ     //
 旦,,、   ,,旦_   _日_         /l/:::::::::::::::::::::::::::::::
_______________________,/l/
________________,l/i:::::::::::::::::::
::::::::,┯┯、:::::::,┯┯、:::::::,┯┯、::::::::::::l/l/i________
::::::::l││ l::::: l││ l::::: l││ l:::::::::: l/l/i ..,,;: .,;: .,;:
:::::::::┳┳:::::::::::┳┳:::::::::::┳┳:::::::::::::l/l/i,'.,,;: .,;: .,;:
:::::::::: 从::::::::::::::: 从:::::::::::::: 从::::::::::::::::l/l/.,,;: .,;: .,;:
:::::::┏┻┓:::: ┏┻┓:::::┏┻┓:::::: : l/.,,;: .,;: .,;:
.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;:
.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,r‐、
.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: _    /⌒ヽ , ---、
           //ヽ `、  | /ハV/⌒ヽヽ
        / 厶-へヽト┤L// |    ヽヽ
       ,イ| / フ`ヾヾ V{{// 」 |二ニヽ | |
       〃 」レ二二ニミヾV/二| ト三ミ\| |  r--、
     〃 {||/  二二ミ从≦ リ\ヾ二ミリ  //⌒ヽ
      || ,イ||/ /  /´ヾミ !\ \\┤片≦<'⌒ヽ
     !!//ハ/ /  / /|   ||ヽ  `、 \ヾ彡○ミ`ヽ、 ヽ
     // 〈 /  /__ / |   |ヽ ヽ  || 厂ヽ∨8ミ\ ヽ /
    〃  V //テ、 V  __|_ | ヽ V三ニヽ|○iiヽ \ /
    ||   / // じ:!     r下ミii i |二彡ハ〈 || | ヽ V
    ||  / //|フヒ:ソ     |:トイ} │|二彡ハ| || |  | j   私、いくつに見えます?
    !   / / l|   r    ┴=仆l  l`o彡/ハ} || ||  V
     / / ハ   、_    // || レソ彡′}} || |  }}
     | /! |│ヽ  ゙"    // jj |♀″  l!||  |  ||
     { | | | | {{ヽ、___// /N  |jj    jjl   |  ||
     | | \| | {{  _L///〈jj /    〃j  !  リ
     ヽ!  ヽ|  ヾ//∠¬¬┤! /     /  /  !!
       \  > '´/⌒ヽ \ 〃 ∧    /  /   ||
        / ,イ/r二二ヽ\〃 / ヽ   / /    /|
         / / }}      〃 ∧   }  / /   //

.

できる夫 マイナス・ゼロ 第四話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第五話

397 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/04/15(金) 21:00:28 ID:9lZOtH3U0 [3/72]

         ______
        /:υ::─ニjjニ─ヾ
      /:::li|.:( ○)三 ( ○)\
      (:::||!.:υ::::: __´___ :::: i
    〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/
      /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\
     ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ  ガバッ
      ヽ               \





                   __Ζ__             ,.. ¨ ̄ ̄¨丶
                 (_   ~.        , ´           ヽ
                          つ    /  ノ~    ゛ー    ヽ
                               i.   ( ●)    ( ●)  . i  …………
                               { .u    '          ノ
                           ヽ    ~~     /
                        ,. ‐'/ `<,ム,,、 _/´  ̄ く
                     ,. ‐'"./:::. ...... :::::o::::::"''"...:::::::..', `゙ヽ、
                  ,. ‐'"   /:::::. ::i:::::::   ::::...    :::::::::: i   / ̄ ̄`゛'' -、,
               ,. ‐'"    /   :::l    :::::o    .,:     l /: : : : : : : : : : : : : `ヽ
    _      ,. ‐'"      /::.  .:::::::./i:::::  ::::::::   ,,イ:::.   l/: : : : : : : : : : : : : : : : :
.-‐''"    ゛'' -、,,__     /::::::::  :::::/ i   :::::o::::: /  ........ :lヽ、: : : : : : : : : : : : : : :
               `ヽ/       /  /::::..     /   :::::::::::li  \: : : : : : : : : : : :
               /   ..::::::.. / ̄゛''-、,,     /      :/l    ゛''-、,,: : : : : : : :
             ,r ''"\   :::::::::/        ̄゛/::::::::.   :/ l        ゛'' ──
           (_   人_,,.-‐''"         /::::::::::::   :/ヽ,ノ
              し'              /     ..::::::/   \


   俊夫は目を覚ました瞬間、横の布団に目をやった。

   普段は寝起きの悪い彼が、

   こうも素早く行動できたのは、
   夢の中でも同じ心配をし続けていたからだ。

.

できる夫 マイナス・ゼロ 第五話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第六話

489 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/04/22(金) 21:00:18 ID:UHA1AJ1c0 [2/129]

   コズエがやって来たのは、昼ごろだった。

      |   ___________________
      |    ||        |||        |||        |||        ||
      |    ||        |||        |||        |||        ||
      |    ||        |||        |||        |||        ||
      |    ||____|||____|||____|||____||
      |    ||※※※◯|||◯※※※|||※※※◯|||◯※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※|||※※※※|||※※※※||
      |    ||※※※※|||※※※※|||※※※※|||※※※※||
    / ̄ ̄ ̄ ̄ Λ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
/|      }\   __    /ヽ                           |
  |   ___} },..:´::::::::::::::::::`丶/ /__                       |
  | /::::/}/::::::::::::::::::::::::::::::::::\_>、::::::::\                       |
  | ::::::/ /:::::::::::::/:::::::::/:::::::::/::::::ヽ \:::::::::ヽ                     |
  | :::/ /:::::::::::::/:::::::/';:::::::/\:::::::ヽ ヽ:::::::}                     |
  | /  .l::::::::::::,'::::/ \ }/}' /ヽ::::::',  }:::::/                    |
  |    l:::「ヽ八(  ∩    ∩ ',:::::|  }::/                  |
  |     ',::ヽィl|.`  ∪    ∪  |::::| {:/   お客様が見えました。  |
  |     \::八   , ,       , , 厶イ                         |
  | .     `}::| \   _,  ,.イ:{´                      |
  |       }::|   >r--r < |::{                          |
  |        j:ノ , '`iヽヽ//、::', ヽ{                            |
  |.         /  ,'个-`_8:、`、                        |
  |        /  ,'::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: 、ヽ                        |
  ヽ___________________________/



        ____
      /     \
    / ―   ― \
  /   (一)  (一)  \   アッハイ
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

.

できる夫 マイナス・ゼロ 第六話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第七話

664 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/05/03(火) 21:00:21 ID:38Wkv/zA0 [2/21]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ┌┐        ┌┐  ┌┬┬┐  ┌┐┌┐  ┌┐  ┌┐    ┌┬┐        ┌┐┌─┬┬┐
 ┌┘└┬─┐┌┤└─┤││└─┤│││  ││  │└┐  ││├─┐┌┬┘└┴┐│││
 └┐┌┴─┼┘│┌┐├┴┤┌┐││││┌┘│┌┼┐│┌┴┼┴─┼┘├┐┌┐├┴┴┘
 ┌┘└┐┌┘┌┴┘││  └┘│├┘│││┌┴┘│└┼┘┌┘  ┌┘┌┘││││
 └┐┌┼┘┌┘  ┌┘│    ┌┘│┌┘├┘┘┌┐│┌┘┌┘  ┌┘┌┘  └┼┘│
   └┘└─┘    └─┘    └─┘└─┴──┘└┘└─┘    └─┘      └─┘
 ┌─┐┌─┐  ┌─┐
 └─┘│┌┤┌┘┌┼──┐    ┌┐      ┌┐      ┌┐        ┌┬┬┐  ┌┐
 ┌─┬┴┴┴┼┘└┤匚] ├┐┌┘└┬──┘└┐    │├─┬┐┌┘││├─┘└┐
 └┬│┌─┐├‐  ‐┼──┤│└┐┌┴┬─┐┌┘  ┌┘┌─┤│└┐├┴┼─┐┌┘
 ┌┘││囗││││├┘└┤│┌┘│  │囗  ├──┤┌┘  ││┌┘│  │囗  │
 └┐┴┴─┴┴┤├┼┘└┤├┤囗└┐└┬┤├┬─│└──┤├┤囗└┐└┬┤│
   └─────┴┘└──┴─┴─┴┘  └─┘└─┴───┴─┴─┴┘  └─┘


      ___
     / (゚Д゚)       おはよー!!!起きてー!!!
     f×( ´∀`).    カンカンカンカン!!!!カンカンカンカンカン!!!!
    ⊂××××つ.   朝だよ!!!外明るい!!!!ねえねえ!!!!!見て見て!!!!!
     |××××|.   すごい!!!外!!!!明るい!!!!
     | ××× ノ    カンカンカンカンカンカンカンカン!!!!カンカンカンカン!!!!
     |×| ̄|×|..    起きてー!!!!カンカンカン!!!!
     (__) (__)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.

できる夫 マイナス・ゼロ 第七話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第八話

791 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/05/11(水) 21:00:40 ID:Qwlh96Oc0 [2/131]

   時間転移のショックは、
   俊夫も当然、覚悟していた。

                  ――- 、        : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
              /      \     : :                      : :
             /   ―   ―    : : 啓ちゃんは、                 : :
               l u.  ( ー)  (ー     : : 何も言っていなかったけど……  .: :
              !  u      '  }   : :                      : :
.              \_      ´` /    : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
                 /\    ̄ lヘ
            _  -‐ 〈  \__ ___ノ iー-  _
        _  ´     \  / / ). |   `   、
        ´   ヽ     ∨  〉 ヽノ      ∧
.      |    ∧        |          ∧
.      |     ∧       |        l  ∧
.     |              |        l   ∧
       |      ∧      |               ∧
                      |       / )/)/)
        ∨      {-― -  _      /// / ∧
        ∨     ∧       ヽ¨¨¨¨l¨¨  ̄ ̄ ̄  }
       ∨     ノ~` 、 _ _ 〈    l          j{
.         ∨          ̄ ` ―  _       j{
        }∨            |   j ´  ¨¨¨¨¨ ̄
          | ` ---- ――― ┴― ´   |


   彼女の場合、年上になった俊夫と出くわし、
   それどころでなかったのだろう、

   すっかり忘れてしまったのに違いない。

.

できる夫 マイナス・ゼロ 第八話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第九話

960 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/05/20(金) 21:03:52 ID:CWe6RC4c0 [2/26]

   タイム・マシンに置いてけぼりをくわされた井上俊夫が、

   昭和七年五月二十八の朝、
   目を覚ましたのは、

   世田谷区になる直前の、
   東京市外世田ヶ谷町にある煙草屋の奥座敷だった。


.:.:.:| |.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||..:.:.:.:.:.:.:|| |.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.: | ♪ポーン           |゙:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.: |    ♪ポーン        |
.: |       ♪ポーン…   |
 ヽ__________/ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
.  | | |    . ||| //..
.  | | |    . ||' /
.  | | |   //
.  | | |  //
.  | | |//
._| | |/
./| | |
.  | l/
./~

           ___
         /     \  ムクッ
        /  _,ノ  \ \
      /   (●)  (●) \
     (       ´       |
      )=.=::..、 ‐‐-‐  _/
      /: : : : : : l\   /j: : ::ヽ
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\
     ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
      ヽ               \

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第九話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第十話

112 名前: ◆V5MoR28LME[sage] 投稿日:2016/05/27(金) 20:19:23 ID:T4ROf6Y20 [1/92]

作中にも出てきましたが、5月27日は海軍記念日、
日本海海戦(1905年5月27日-28日)の勝利を記念して制定されました。
(1945年を最後に廃止)

                  i, '  ,. '
      ロロロ_ri‐i ロロロ   i  , ' , '´
       []¬ tーj¬[]7    i/ , '
         ri一‐i  /     ',,'  .,   , '´
         _]rー[ /      ' , '  , ' , '´
        〈ii i三_i/    /|  ヽ., ' , '   ,
        /i ii ̄7i     i |/   ' 、, ', '
       rjj77i ,/ ii.    i |      ヽ、_, '´
     ミ(ミ(ミ(=ip]////ヽ/ i |         ` ''ー-
    ミ((/ 7。。[r一////<. i |
   ノ`ー' /(《。。//卅r〃〃i |i
  /    `ー-=二ffooi丗i |roo_
 (i            ̄_j |i_  ハ
  {、 : :        ,  "  ヽ `ヽ、ii
 (ヾヽ、      , ' \, -ーー-、j ヽ!
  ヽ.〉:: :`:ヽ 、_ ,'   /      `v'}
   \:: :: ::::::`{   i    。  ; i,i
     `ヽ、 ::::::i_ __i        ii
       _7`ソ_,,-‐ヽ、_ _ ,. ' , '\
  ー──'´ ./__ゝ::::::ヽ 、 __ , '   \            - ‐……‐ -
       /.,' , --、     ゝ- 、     \.      /            \
.     /  { {、__, .}    {、__, .}      \             --
   ii/    ``ー‐'     `ー‐'         ゚. /      /,__j i__,\     ‘,
                               /      ,ィ圦.ーi i一.厄、       ;
                               ,'       /三ヘ乂j |乂/三.\     |ー 、
                       ____     _/|  //ニ三三≧=≦三三ニ\  ‘:.:.:.:.:\
                    /77777∧z彡//j  //=>‐==ニ二二ニ==‐<=ヘ  \:.:.:.: ヽ
                   ,////////∧゙〃:{   _j//∠三三三三三三三三ヾ\}}   } :.:.:.:.‘,__
                  />=<///∧:.:.:. \_/`ヾ乂三彡tッー=ニニ=-tッミ三乂}ヘ._/:.:.:.:.:.:.:.:‘, \
                 /     `゚'<}:.:.:.:.:.:.:{ /∨ j ` ー‐´イ`ヾ` ー‐´ ∨{ハ Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,\\
                           }   `ヾー:{ { { {        {   }      } } } }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:\` ー
                         リ    }  `ヾ{  ` ー=彡イ    }彡`ー=彡 レ'V :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:` ー
                               ノ    }{      __,>-<__     {/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` ー
                  \__彡へ __/     ハ   ´ ̄{_二二_} ̄`  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ     {:八                 八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                      }   l     |:.:.{ \                / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ´ ̄ ̄ ̄ ̄
                           人    ノ: :ヽ. `ヾ、         彡イ j/:.:.:.:.> ´_ <三三三三
                、______彡く /≧≦:.:.:.:.:.:.\  `"""""""´   /> ´_ <三三三三三二ニ
                         Y,/二ニ=-_:.:.:.:.:\     _ -=彡'´_ <三三三三三三三二ニ
                       }   |!{三三三二ニ=-_:\  /: :/ /ニ二三三三三三三三三二ニ
                        丿{三三三三三二ニ=-_:.:./ /二三三三三三三三三三三三ニ
できる夫 マイナス・ゼロ 第十話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第十一話

214 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/06/17(金) 21:00:20 ID:2xAmyG2c0 [1/77]

   俊夫は、銀座に戻って来た。
   まだ用事は残っている。


─────────────────────────────────────
                          _
                      _    _/ j)   _
                      i ヽ // /  √ )
                      | |/ / /  / ./
                      | ./ /  し/ /
                     / r  r  / _
                       /       ( / _丿       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                   ┌ 、       /          |  もう17時前か  |
                 /⌒ヽi个;、 ___ , r'.             ヽ_______/
               /      `~.、 〉
              /          〉
            /            /
          /             /
        /             /
      /             /
─────────────────────────────────────


    |        || //d|// ||       || //d|// ||       || //d|/
    | ̄ ̄|二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
 _ |    |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三
    |    |三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三三三||三
    |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ̄  ̄| l ̄l | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| l ̄l | ̄ ̄ ̄
      | l  l |    ||  ,、 ||   ,、||    ||//||//||     ||//|| | l  l |  || ̄
      | l  l |    || (^ソE|lヨ (^ソ||    ||__||_
___|_l_ l |    || %  || %  ||.     - - 、 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
l┓ l┓ l┓| l |    ||     ||     || ==   ● ●) ヽ   | 先に済ませておくべきだったな   |
二二二二二l|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   、-'-  ノ ゝ_______________,ノ
____「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  r     へ、
 ̄ ̄ ̄ ̄                  GL  _ィ^ ○
                           (___/`ー'


   彼は松屋に急いだ。

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第十一話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第十二話

300 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/06/25(土) 21:00:28 ID:q5UfucJY0 [2/3]

   俊夫は二、三日のんびり本を読んですごした。

   それからカシラに頼んで、大工道具一式を借りた。



       ヾ -.、   , -‐‐、    , -'7  ガジェットツール !
 /`i` 、  、 .ゝ ` 、./;;;;;i^i |  ., -'´ /, -'ヘ
./ ,イ  `ヽ >ヾ;ヘ_ ヘ;;;;;L_l;;ヽ/ .__/´;;;,.-ャ-.、
/ /;;;{    ヽ;;;;;;ヽ;;;ヘ ヘr---イ /;,イ , -(__ノ ./
`<;;;;;;'、  , -ゞ"ヘ`ヽヽ`-|.<ニ>.|-i';/;;}´    ノフ
  \;;;;`,'.,.<´.'< ゙>、'ヽヾニゝx''ニフ./;;;;l   /'゙´
   \{ { ヘ `< / |'^iv゙∨v Ei.√7__∠,/7''''''j
    {;;'、i`ヽヘ[二_/ゝ、iヽ、__ゞ´-'"7 /(_,イ ̄`j
.    \`;;─'゙ ヘ.`Y F ̄ヽrュヽ/> {  (二二)     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.      >'"´ .<フヽ Eヾr-┴-ァニ> .ゝ、゙ー─イ.    |         ____                              |
      `[ ̄, -'゙l-( ./ヽ--ベニゞ( ̄> ̄ ̄ ̄.   |       /   ― \                             |
      /;;.ヘ_,.イ;;;;;>'ヽュ'゙;;;;;;;;;;;;;;;`'゙!、         |.    /   (● )  ヘ\                             |
     i'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;「  └-、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;冫.         |    |   (⌒   (● ) |  だんな、                   |
.     >;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     . ̄ ̄ ̄           |     ヘ     ̄`、__)  |  いったい何を始めるんですお?     |
    i'´;;;;;;;;;;;;;;, -'゙                          |       ヽ           |                          |
    ` ──'"                          |     , へ、      _/                              |
                                   |.     |          ^ヽ                            |
                                   |.     |      1   |                              |
                                   ヽ___________________________/




           ____
           /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\   うん、ちょっとね
      /    ___'___    \
       |     |r┬-|     |
       \    `,. -'"´´ ̄`ヽ
        /    (___   |
      /              |
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第十二話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第十三話

376 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/07/02(土) 21:00:30 ID:LpkyX4hg0 [1/53]

   俊夫の友達が、前に車を売ろうとして、
   新聞に広告を出したときの話を聞いていたので、

   俊夫は、午後になると、早速新宿まで出て、
   蛎殻町の事務所に電話してみた。


  r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'ヽ
 (                                                      )
  )                」i:i/⌒>..、 ハハハ                         (
 (                 〃    }i:i:i:iハ                              )
  )                 i:i __  _\i:i:i:i                          (
 (               i.-ェ、 ィ=-` }i:/ )   問い合わせの電話が          .)
  )                  {  ム- 、 ll ノ.   かかりっぱなしで大変だったよ  .(
 (                i、ヽ三シ  /\                            )
  )                    \    //  `  、                       (
 (               / |l ヽ`¨´/ /      \                         )
  )           /    ||  \/ ./   /      \                  (
 (  .         /l     ヾ /              丶                 )
  )                 /     l|             丶                  (
 (  .      /    .i       /    l|                丶               )
  )      /     | ム  /   /  l|    /            、            (
 (  .    /  \  ',弋i /   /   .l|  / ん心        i                )
  ) .   /)    \ ',  《[][]≧x,、丶`    乂_ツ       }              .(
 (    /ノ     _____>''″                    ′            )
  )   {  。o升三__    ∨    \                 /               (
 (                                                      )
  丶~'⌒'〇'⌒'~⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
        O
        o
        ゚
         ____
       /     \
      /  \   /\      事務所の方も、
    /   (_)  (_) \   電話の応対でてんてこまいしているだろう
    |       、__',_,    |
    \           /

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第十三話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第十四話

436 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/07/06(水) 21:00:16 ID:tvEv8F6U0 [2/95]

   六月三十日午後三時、横浜出帆の大洋丸で、

   女流選手も加わったオリンピック選手第二軍が、
                          カドデ
   盛大な見送りを受けて華やかな首途をした。



            _
        ノ |_   ll__l---||_
      rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐
      |―┴┴―`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jl
      |[][][][][][] i """ _..,,rr=''´ l
      l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´     /
   f  jL-、 _-‐'      -‐´~~
   ヽ |  ̄  _j_ -‐'~´~~       nice boat
     `ー~´~~~~




                       ヽ 〈
                          __〉/}
                        |    .|                       ,.-zっ
                        |     |     r‐-‐ 、_              / Eヲ
                       |     ヽ  _ノ::__::::::`丶           /} /
                               ', ノ:/,,,_ r‐ ヽ ::::::}        /   |´
                        ヽ     {:::(三ノヾ三){:::_:/      /   ノ
            ,..-‐…‐- 、          |    ヽ:{ ,,'ー'''_ヽ l/ノ      /   /
        /           \           ハ ヽ_/ ノ!  _ /   /          _____
       /  ,.-‐─‐、- 、  ヽ     ヽ     ヽ_l!_.// ̄       /            ,イ三三三三ハ
.      { / ' ィ≦=、ゝ::\ l      |        !   /          /            /三三三三三ム
       V≧=>‐(三三ノ l:::::(ヽ!       |        \_/       /             ノ三三三三三三ム
      /::{=三|! _ヽ..,,,,,_ !:::::V      |         ,..-‐─ - 、/          (三三=-──-=三三)
`丶、   |::::`iー'〉ニノ_ィュヾ)|::::::|_     |      /::::::::::::::::::::::::::: ̄`ヽ        寸=!-(三)¨(三)‐|少'
   `丶、|::::八 〈/辻ニノ   |::::::|    ̄ 7  |     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       (4{  ,、(,,_,,)、  .}7)
     /|:::::::/\ ー‐ '´ /:::::/    / ̄ ̄/`ヽ//´ ̄``´ ̄ ̄``ヽ:::::::::::::ヽ  /三三三=.! 〃r===ァヘ l=三三
     \|::::::|.  `ヽ_川〉'/::::/      /   / / ̄{:| 二ニ、   ,ニ二  ヽ::::::::::::! ./=三三三ニヽ ` ー '  /ニ三三
      | ::::!     |ヽ、 !:::/      /    { (ヽ .|(  共.ノ=(  共 ヽ_  | :::::::::}/三三三三三=\__/=三三ニ
.        |:::::|\   | ヽ j::/|    /     | `ー/ ` ー‐(、,,...,,,) 、_.ノ ヽ!::::::::/三三三三三三三三三三三三ニ
`ヽ     ヽ::',  \ !   !' .|  /       |   l  /  ー ''´ \   /:, -.〈三三三三三三三三三三三三三
   `ヽ、   |ヾ、  {_|\   _l/⌒ヽ      ヽ  .{  〃r───‐ァヘ  // 〃./三三三三三三三三三三三三三
.      ヽ、|     |  \{ _,.'⌒ヽ       ヽ ヽ   辷二二フ     ´_/|三三/Y⌒ヽ三三三三三三三三
        ヽ     |    |   /⌒l        ヽ \         /   |三ニ//`丶、 ',三三三三三三三ニ
         ヽ   |    |    /)⌒ ̄` ー 、_ヽ         / )`ー< ̄  .}`ヽ、    }三三三三三三三=
          |    |    ヽ     /      /   /` ー‐‐ '´ /    )   /ヽ    /三三三三三三三ニ
.
できる夫 マイナス・ゼロ 第十四話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第十五話

539 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/07/13(水) 21:00:53 ID:Wrb0BPvI0 [1/88]

   俊夫が、銀座四丁目の角でタクシーを降りたとき、
   服部時計店の大時計がちょうど鳴り出した。

   服部の新館は、六月に開店していた。
   その真新しい八時を示した時計が、夜空に浮かび上がっている。


                                     /
..\|                               /ヾ/
  |                       |    /ヾ/
  |                     ,ィ会x          /
  |                    /| ̄_¨丁.  /ヾ/ヾ/
..\|                        }()| |(__) |              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  |                   /7 | |  | |    ___.         |      ____                           |
  |                  ,ィ癶三三≧x    |   |ヽ.       |    /      \                    |
  l\亥亥亥亥亥亥亥亥亥亥亥亥       ゙㍉._|   | .|.       |   /  ─    ─\                       |
..\| |_|「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」| |丁丁Tfrュ...| \ ̄¨l| .|.       | /    (●)  (●) \   この鐘は夜中にも   .|
..\| | |二二二二二二二二二二二二二二 ≧s。|  \ | .|.       | |        ___'___    |   鳴るのかな?       |
  | | |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」f | .|fis。 |ヽ|‐|.       | /     ∩ノ ⊃  /                    |
  | | |__||__|l__l| |__||__|l__l| |__||__|l__l| |__||__||__||l| .|:|:|| |l:|ヽ|-|、     | (  \ / _ノ |  |                    |
「≧s。l |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「「f | .|:|:|| |l:|冂-| |、.     | .\ "  /__|  |                     |
三二 | |__||__|l__l| |__||__|l__l| |__||__|l__l| |__||__||__||l| .|:|:|| |l:|冂-| | ト..   |   \ /___ /                       |
-=ニ..| |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」f | .|:|:|| |l:|冂-| | | ト、.  ヽ_____________________/
  | | |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」| |「」「」「」f | .|:|:|| |l:|冂-| | |_| |l\
  | |竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺|ニ≧s。 |冂-| | |_| |`|`|ヽ
  | 冂冂冂冂冂|│││││││││││l「l≧s。 |冂-| | |_| |`|`||l|ト、
二二二二二二二 |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴l|::|--|l、|冂-| | |_|_|`|`||l|ト、|
 | | | | l| | |l |¨¨¨¨| || | | | || ̄| ̄ ̄ ̄_,,..|''|‐‐|‐.|冂-|_|_|_| |`|`||l|ト、|
 | | | | l| | |l | ̄ ̄| || | | | ||  | ̄ ̄ ̄ ::|::| ̄| |冂‐| | | | |`|`||_|_ト|
 | | | | l| | ||ー|二二| || | | | ||  |   __|_I二二| -=    ̄ ̄
 | ̄ ̄ ̄¨゙| | ||ー|::::| ̄ ̄> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |      |_| |-┴┴=彡
=ニ=-─  ̄


.
できる夫 マイナス・ゼロ 第十五話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第十六話

638 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/07/26(火) 21:00:41 ID:o.HRR5Wc0 [1/102]

   翌日、俊夫は溜池へ向かうタクシーの中で、
   手にした新聞の切り抜きを、読み返していた。

                      ※溜池:現在の赤坂一丁目から二丁目付近



 ┌─────────────────────────────────────────┐
 │                                              キヒン     シャタイイショウ     │
 │                                         優美にして氣品高き車體意匠、     │
 │                                     ドクトク                     │
 │_  -‐ r=======‐- ''、          ,、             獨特のフリー・ホヰーリング、       │
 │/:::::::l |::::::::::::::::::::::::::::::..  il;、     _,,..Y._                           トランスミッション     │
 │:::::::_」 _,=≦二 ̄`丶、二二x==、∠ __ 丶 _            シンクロ・シフト安全傳導機、       │
 │ ̄ ..:::/´..::::::::.ヽ   ヽ /:i{   li | | | | | | | |li 〃⌒li:、           ゼツエン ボデー ナラビ シャーシー   │
 │...::::::::::::::::; -‐=ミ::::',    Ⅵ乂__ノ::| | | | | | | |ll::::、 __ノ ヽ      音響振動絕緣の車體  竝に車臺、  │
 │::::::::::::::::/:.:, =ミ:.:. ', :!  |() Ⅶ⌒V ::| | | | | | | |ll:::::: iY⌒i()i.     ゼッタイセイシュク キョウリョクムソウ        │
 │:::::::::::::/:.:/ , =、li::::l |  ∪ |八__ノ :::ヘ.l | | | | |llヘ 从__ノ∪     絕對靜肅  强力無雙のモーター     │
 │:::::::::::::i:.:.i /  i|r──────―1 |―――''1 |―――'┐                            │
 └─────────────────────────────────────────┘


.
できる夫 マイナス・ゼロ 第十六話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第十七話

751 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/08/03(水) 21:01:13 ID:IXqcAzvg0 [1/96]

   翌日も、俊夫は肉体美人の相手をしなければならなかった。

   彼女がしきりに気の毒がるので、
   俊夫は無理して、舞踏体操の話をしつづけた。


   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   |     ∧_∧         |
   |     ( ´Д`)        |
   |   γU~''ヽヽ          .|
   |    !  C≡≡O=亜     .|
   |    `(_)~丿         .|
   |        ∪          |
   |     ♪             |
   |       ♪           |
   |    ( '∀`)            .|
   |  ((と    つ            |
   | (( ⊂,,  ノ゙            |
   |    (_,/,,             .|
   |    ♪              |
   |                    |
   |     '∧ ∧♪  ♪    .|
   |     ( ;´Д`)/       . |
   |      ♪            |
   |    ♪              |          ___
   |.            ♪      .|        /ノ  ヽ、\
   |.              ♪    .|       /(―) (― ) \
   |                    |     / ⌒  `  ⌒    ヽ  コクッ
   |     _  ∩          >  | γ⌒)⌒ヽ    u.  |
   |   ( ゚∀゚)彡            |     \( ^/    /ij    / コクッ
   |   (  ⊂彡          |     / { ,(⌒ヽ/      ヽ
   |    |   |            .|     | / i ー '      ィ  }
   |    し ⌒J           |     ヽ_ノ           |  |
   ヽ___________/


        ,. -‐ '´ ̄`ヽ、
       / /  ,   ヽ\
    ,.イ´  ト 、_!  l  l j \
   / /   「ヽ `ー' -'ノ l| l  ',
   / /   ,'  `{ ┃}、 ' レ j  l
  l、  ',  l     、_, ゙{┃}、 ハノ l
.  ヽ、_,ヽ トヽ    `-'  イ  ノ'
       「ミ = - 、     ノ 'ノ'
     /      `゙` - = ミ}
    /            l

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第十七話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第十八話

857 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/08/12(金) 21:00:13 ID:vKwT3u.I0 [1/122]

   十月一日から三日間、大東京市誕生の祝賀が全市で行われた。

   世田谷区でもおみこしや山車が総動員され、
   お祭り好きのカシラ一家は、毎日、多忙をきわめた。


       _,ィ ̄ ̄ ̄ ̄ 7ー 、
     _,. -'" .| ' ''  '  ''|l  ` ーォ、_
   / ,  ,, | ' '  '' '|l '  '' '|;;;;;;l  __                 ____
   /    | ::      |l      .|;;;;;;| ̄r--ァ ̄、\__.           /⌒  ⌒\
  /___ , , , ,| ::      |  ,  ,,|;;;;;{ --'-=(= 乂 rト}.       /( ●)  (●)\
  ム==ァ--、ー、- - - - ァ=======イ{ZZZZZZイ三エニイ==-    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \/⌒)
   {Yヽ0ノ} } \!!!_/;;;;;{:{0} }};;;;;イ} ̄                  |     |r┬-|      |ニニア
    | | | |-t==t-'' ̄ ̄~ | | | l|i:::i:l|                  __\.    `ー'´    /:::::::::/
.   |_U_l| |:i::i:l|       ゙|_U_l|::::::l|              (⌒||::::::::::: ̄\\   // ̄:::::::::::::/
   |l l|  | ::::l|        | l l|::::::l|                 " ||:::::;;;;::::::::::::| |  | |:::::::::::::::/
    |r-、l|   Y=Y}       Y^ 米o;}}               ` ̄.ヽ::::::::::| |>x<| |::::::::/
    ト-.イ   ト-ィ|       `ト-ィ|Y;/                /::::::::::/ /.   \:::::::\
   ,|  l|     |  l|       ,| i, |/                   /::::::::;;;;;;;/  ̄\ ヽニニニヽ
  (0)(0)    !n人9、  /ィ(0)(0)}                ̄ ̄\_     |/
 /ri ̄|^}   { T ̄|^}/X:;; {T==イコ                       _ノ \___)
 |二=--{、  |三三三}\/三r-----{                     (    _/
 `ーー‐'    ̄ ̄ ̄  `~└─―┘                  |_ノ''


  _____          || ヨ || ヨ  ||
  /.::.ヽ ハ     ,r‐-っ  || イ || イ ||
_c!::::(・)o(・)___ノ:::ノ`´  || ヤ || ヤ ||
::::::( `ー―' ):::::::/    || サ || サ ||
::::゛==="::ノ ̄      ||   ||   ||
:::::;;;;;;;::::;;;;;ノ                   r.、
=====、                ))_.ノ ノ       ,.、
ii ii ii ii ii i iヽ      __        ヽ) /       ∧ヽ、
i ii ii ii,,ii,,ii,,ii ヽ   rニ二_ ヽ       ノ /       |l::::|lミヽ
'"''""\:::::ヽ"`   ,.-  -、ヾ|      / /        .|l::::::|lミ|
     \::::\  l,.= =、|リ__r‐y'フ‐( /         |l:::::::|lミ|
     /.:::/  (  3  小 /  /__ノ         _|l::::::|lミl
   /.:::::く   ,.<` ー..く ノ !/ /             )):::::::!ミ/
   `ー---' / ヽ(;;Y;;;;>,.-‐-、       ,.-‐‐- 、  ヽ`Yノ
       /ヾ  ヘ___/ 人__ミ、    / ,.-‐‐-、、   |  l
      /   ヽ/Y  /_|  f三y!   l./ ノ` ヘ リ  !ヾvヽ
      \__ハ\__ノノノ  | ) ソ   !! (・) (・)  /   /
       /   ◇O◇ )  | ヽ    ヾ   ーo.∠   /
      ∠____/ー‐\_)  ト、|\ _/ミ|\ー‐'::.ミ/  /
     /.:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ  | `  Vミミ/\/;;ノ'ヽ;;>ヽ /
     /.::::::::::::::::/ヽ.::::::::::::::::::) |   ノヾ    \ヽリ  |

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第十八話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第十九話

4 名前: ◆V5MoR28LME[sage] 投稿日:2016/08/22(月) 21:01:32 ID:XjmPOOH60 [1/75]

   飲み屋に入ると、

   カシラはさっそく注文を怒鳴り、
   俊夫を、ハクツルのポスターの下の席に誘った。

|           _____          |
|       ノ ̄ ̄iノ ̄ ̄ノ ̄~i|       |
|      ノ___ ノ____ノ____ノ      |ヽ
|  __.     |.::..:..:..::::..:..::.:..|   ____.  |   ヽ
| |    |     |.::..:..::..::::..::..::::|   |    |  |\   \
| |__|     |.::..:::..::::..:..::::..:|   |__|  |.::..:\   \
|        |::..:.::..::::..:..::::..:|       |.::..:..:..:\   \
 ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     .\
____\____________________\
────|_____________________|
.::..:..:..::::..:..::.:..| _iニニil   _liニニl   _liニニl     |
.::..:..:..::::..:..::.:..| |ヽ|__|    |ヽ|__|    |ヽ|__|     |
.::..:..:..::..:::.:..::::. ̄ |   | ̄ ̄ ̄|    | ̄ ̄ ̄|    | ̄ ̄ ̄



            _/\/\/\/\/\/|_
            \                  /
            <  いつものやつを.    >
            <  熱燗で二本だお!   >
            /                   \
.           ̄|/\/\/\/\/\/\/ ̄
               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第十九話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第二十話

86 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/08/31(水) 21:00:55 ID:exyhJ7020 [1/10]

   カシラはラジオで覚えた「非常時」という言葉が気に入ったと見え、
   何かというと、やたらに使う。


   オヤブンにオモチャをねだられれば――

                                       / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                       |        |
                                       |   凸   |
                                       |        |
                                  ヽ__  _/
                                           )ノ
                                     ____
                                    /\   /\
                             〃   / ●   ●  \   ミ
                              /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i
                              \ll|l     ヽ._)    l|lll  /
                               人l||l         |l||l 从 バンバン
                               ( ⌒ )        ( ⌒ )
      *   ____
    + 。 / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\+ 。 *
     /   ⌒(__人__)⌒ .\    非常時だから我慢するお
  + 。|      |r┬-|    |  + 。
     \     `ー'´   /
       \ ,,,,    ,,, / + 。
       /        \
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <
      <_/       ト-'
       i        l
.       l        l
       l   、__.    l
       l    ∧    l
.      l    / l.   l
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \
  /                 i

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第二十話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第二十一話

215 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/09/07(水) 21:00:11 ID:R/2Sito.0 [1/124]

                           コシタ
   明治時代に被服廠で縫製された一枚の袴下が、
   着用者の代を経て、大東亜戦争の終戦まで使われたという伝説がある。

   帝国軍人の衣服には、
   常に、最も丈夫で永持ちする生地が用いられたのである。


               _____________
              /'''      \
              l      ☆  '、
             l  _,――――-、|
             l_,―=\==/ニ=ニ=-
            / /  ●     ●゙、
           /  |     l´ l `l !  もきゅーー!!!
          /   |      `-´`-´ /
          /___  />      く __|
            _,l'´ ゙'::、 ゙゙゙'';;r:;'lニノ' ゙'' ,
          _r'′    ゙':'′ ! ゙′  ヘ
         _/    ,''    _ ___|_   .;,______________                ┌t
        /    ,,/   |工ll●..............:l r「 ̄「┴--:'!''''┴-ーーーーーー'┤l三三'''''''''''''''''''''''''''''''''丁 lニニニニニl
  j' ̄ ̄ ̄|      ゙'':..,‐'"         _,r'  ̄ ̄':,,______,,,,,,,,,,,......l..l!----------ーーーーl:::l_-----|--------------------,.
  |.    ゝ_      ,r' `゙': 、ョ―'''''''''' ̄ ゙̄'、 !    _/                        '-‐‐‐|!‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐'''
   !     ""'::..,,  l    ll′        `'--....r''゙´                             `'‐'
   !   _,..-‐''゙´   ii.._  _..l
   !....-'"´         ̄


   それだけに、衣料品の欠乏した時代、
   ことに戦後の数年間にあって、

   帝国陸軍の軍服は、
   多くの人に仕事着、通勤着として愛用された。

   そして昭和23年になっても、
   依然として、仕事着の王座を堅持していたのである。

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第二十一話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第二十二話

354 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/09/14(水) 21:01:01 ID:ii4TTvzw0 [1/88]

   夕方、出張から帰って来たサトシは、

   できる夫を見ると、とびついてきて、
   本人であるかどうか確かめた。


          }`ヽ    〈_ /⌒\  ___ ___
          ,   \-、 -ヽ \   /ゝ __ ノ_ヽ  `丶、
          /    ∧、_ /,二二二二二、¨\/       \
\       /      }   〈(       ___\ \      \
  丶-‐=≦.._      {   \, ...:ァ'´ /:::::::::::, \ \       /\
   / -―-< _,.     ∧  ∠::::::;' \./イ:::::/_/ \__,>、  /  }
   { -――く _    ハ  //:::::/,==ミ j/ ィ==ミ、 〈:::::\/  /
   { -―-イ´.::: : : : :   ー=彡::::/ /l/ノ    /l/   |:::::::::::\/
    ,≧ェーく^ヽ.:: :: : :   }/>::/                j/⌒l::::::>
.  //:::\\.::: : :       ̄八  丶----‐'        イ⌒八:::::\
  / /::::::::::::::::::::}::          ∧           /´ ̄`\く:::::::::::/
  {/::::::::::::::, -‐く _ ____  \       /         \≦´ \
  丶::::::::::/    >、 }       `i ̄丶-----/二 _       寸\  ヽ
   `ト-{  /  \        | , -―=ニ´ ̄   ̄      |   \  |
   |  \_{      \       |:/                     |    \\
   /ヽ     \     丶―――|                      |       丶}
  〃  \    \             |                     /        ∧
  /     \    \        |           _____/           |
.ノ        丶--‐'´ ヽ-------- \_,>―r=ニ´/    ヽ         |
                          |  | /        \          |
                       ヽ         |  ∨ _,∧      |       |
                   \     |  ∨  | |       |       |

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第二十二話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第二十三話

450 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/09/21(水) 21:00:42 ID:feaWvyc20 [2/35]

   カシラは六十六になるのに、
   まだ中々さかんである。


  ヽ                                   /        /
ヽ   ヽ,                                 /.        /
  ヽ   \                             /        /     /
    ヽ   \                            /.     /.     /
     ヽ                            /     /.      /
                                   /   /.     /      ./
                                    /            /      ./
 \                                         /      ./    /
.   \                         γ⌒) )).     /         /    /
      \.   ___(⌒ヽ             / ⊃__... /         /    /
       /.~~~.⊂_ ヽヾ          〃/ / ~~~.\       /    /
(⌒ヽ∩/( ◎)―(◎) |(⌒ヽ       γ⌒)( ◎)―(◎) \ ∩⌒)     /
 ヽ  ノ| :::(((__人__)) ) ::| ⊂ `、三  三 / _ノ ::: (((__人__)) ):::〃/ ノ   /
  \ \    )┬-|   / /> ) )) ( (  <|  |   |r┬(    / / ))
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / / 三 ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)../
  \ \ /                               / /

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第二十三話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第二十四話

492 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/09/24(土) 21:00:19 ID:tnRrcG0k0 [1/26]

   できる夫の心細さは三十分以上続き、

   九段のCICの建物の玄関に到着すると、
   さらに増大した。


       ⌒⌒
  ⌒⌒
           _ .,_
            /i::l   ' - ., _
        /  l|::|        ' - ., _
.      /    |::| i!            ' -  .,
    /      i|::| l!ノllllll;;;;;;;;;;;;;,,,,         ..i
   /       l|::|     ~~~"'iiiillllll;;;;;;;;;;,,,,,,    |/l丶、
  |:i        l|::| l!           ~~"''iillll!... |_ |
  |.|         l|::| iソllllllllii;;;;;;,,,,,,,,,,,,,          .|_i .| ::
  |.|         i|::|       ~~~~iiiilliiilliillliii;;;;,,,,  ]/ .| :: :
  |.|         l|::| l  ,,,,,,,,,,,,,,,,          ~ .|  | :: :
  |.|         l|::| liソlllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiiii;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,   ]..., | :: :
  |.|         i|::|   ""懶穰鬱懶懶  ~~~"""" |_l .| :: :
  |.|  ㊥     l|::|   懶懶穰鬱懶懶穰 .......,,,,,,,,, |/ .| :: :.,..,,
  |∠二二∠コ .j|::| l! ii穰鬱懶懶穰鬱懶懶lllliii''" ]  | ::;il懶!
`‐‐-+ ..,i___| j||  j| | liノ|||穰鬱懶懶鬱懶""~~ __,,....f-‐ ' " _ ,
 ̄` - ...,__    ̄ ''++‐- ...,,___懶ii'_ji,..|i--‐‐ '  ̄ _ ,...-‐ '  ̄
       ̄ ` '‐-- ...,__     ̄ __,,.. .- ‐ '  ̄
               ̄` i ' ̄


                 _________
              |}―――――― ―‐{|             , -‐ノ 、
               ||             ||              /  (● ●
             「|  |三≦三≦三≦三三「| Τ「「「|       ゝ  -'-ノ
             └\j.-――――‐-、-/┘ニ|」」」.       | 、/ )   ヽ
            rェ」◯ llllllllllll ◯ |rェュ_7┐_/ ̄_|   ミ  `ー ′ .|)
          f´ ̄\o |||||||||||| o / ̄/´「_/ -、」.       し'   J
           77○、}_[ニニニ]_○777ヽ|_/ハ ┘
           |i└=ェェェェェェェェェェ =┘ii|n|=|iiii|f |
           |iii|iU≧= =======≦|iiii|U|‐Ⅷ|ト'|
            乂jjjリ  ー '′    乂jjjリ  ー-'′

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第二十四話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第二十五話

599 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/10/03(月) 21:00:29 ID:FdA4x6Ak0 [1/28]

   電話が鳴っていた。

   十数年前に取り付けられて以来、
   何千回も、同じようにして鳴り続けていた。


                          ヽ
                     、_    く,
                      {_,ヘ   }                                       /
                        ヽ  ゝ                                  /ヾ/
                     ハ    `                                /ヾ/
                    ''" V`ー、_                                         /
                                                       /ヾ/ヾ/
                                   __r‐ュ.........................rュ___
                          > ´  -―――――――――-   ` <
                        rf「_,       _________     __〉
                       //|        厂 ̄`マニニニニy'  ̄ヽ      ',
                     _〉{ l      /1     `¨¨¨¨¨´    `ト、     j
                     〈\〉 ト、__  .イ  /   ,斗‐――- ,     マ`ー--У
                     〈\〉  `マ_ ノ   / 4k__)(__)(__) 2\    ヽ_/
                     〈\〉       f「   ' 5k__)  _   (__).1   l|
                     〈\〉       l| ,' 6k__)´g㌢ ̄`守。       l|
                     〈\〉       || l k__)i {iii{<(_ _)>}iii}    ;  l|
                     f^YYYYYYY^ー|| li 7k__) ⅥiマニフiⅣ    '  l|
                   〈 Уーyー'ー'ー'ー'^|| ∨ k(__)、`定主亥〈\  ,'   l|
                   〈/  /        .l|   ヽ 8`ト(__X__)_  〉 У   l|
                   〈   ト、        l|    < 9 0   >'     l|
                     ヽ Y^ヽ      l|        ` ¨¨¨¨´         l|
                      \|  ト、    i|                  l|
                       l  Lム    、___________ノ
                         ヽ」  ト、      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           l  Lム`ヽ
                         ヽ |  ト-仏
                          `ー^ー '


   できる夫にとって、

   印象に残っている電話といえば、
   これまでに、ほんの数回しかない。

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第二十五話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第二十六話

705 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/10/10(月) 21:00:52 ID:1RvLR/vA0 [2/100]

   翌朝、七時ごろ、
   できる夫は台所に姿を現わした。

       ;;;;;;;;__;;.__._ __,
         |i::.. ... ..  .ii      il::::
         |i .. ..:: ..  ll    .. il:  \:
         |i :::.. .:: ... .ll::... .:. . ..i|::ヽ::::::
         |i ::.. ./ /:: ll:::.::...:::....i| ; \;;;;;
         iニニニニニニニニニニニニi;;;;;;;;;;;;
        「韭|i;;ii  ;;;;;;;;;;;;ロロ,,,__,,___,,_____,,__
       ロロヽ ̄丶 ̄ ̄\,,,__,,__ヽ,    .
     :::::::| ̄ニニニiニニニiニニニニニニ ニニ
    : ::::::::| ̄'',;'',;'|゚'',;'',;'',|;'',;'',;'|";;
    ": \|: ;: ;: ; | ; :; |: ;;'',;'|":;;; :___;;_;;;__;;;
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.
     ; ::; : ; :; :; :    
                

──────────────────────────────────────────────────
                   , -‐=、 ―‐- .
      , --、       \   丶::.    `'  、  _ _ ,、、
     / ノ⊥  -、_ /´ ̄ヽ  丶::.       丶、)ノノノ
      /    ̄ ̄ _,/   // 、   丶::.         丶、   トントントン
   /          / //⌒ヽ   丶::.          丶、
  〃          /j  j'     ノ、    丶:::..         丶、
\/           /⌒ ,ニ゙-‐_、/  \      丶:::..         丶、
  丶         / /  / ノ       \       丶:::..     (^二ニ ー---―――
    \         ̄´     /        \      丶:::..   丶. _
                  _/             丶         丶:::...    /> . ̄ ̄> 、
               /                丶       丶:::..//////> .|
、_             _/                    丶      /7\/∠、_////>
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´                             丶    l/  (⌒ヽ  ̄ ̄ ̄
                                     > 、|    >―- 、
──────────────────────────────────────────────────

                            て
                             そ
.       /::::::::::::::::::,':::ヽ:::ヽ::::::、::\:::::ヘ:::::ム
      ,.イ,ィ:::::fr:::::::::r.、::::::ヽ:::ヘ:::::ヽ:::\::ヘ:::::ム
       /,ィ:::::::::::i!:::::::iミ''''マ::::::ヘ::::',::::::ヘ::::::',:::}:::::::!
.     /´ i:::::::::::|:::::,|ム_  マ::::::lィ、ヾ、::::',::::::',:|:::::::|
.         l:::::::::::|:::::|,ィヾ` .i::::::|ヽィ≠=ミ:::::i:|´ヽ:l    まあ、どうしたの?
       !,イ::::::::゙,::ム,,ィ==ミlヘ::i ''f心、, リ|::j:|''j }:|    こんなに早く起きだして。
      / .マ:::::::ヘ:::{ト、f心、 }j.  ゞ='′イ´:|/::|
.         マ、::::::ヽ:ム`゙ ´      〝  l::::,':::::::ム   いつもより二時間も早いじゃないの
.           ヾ\::::}::ヘ〝   ' __     .i:::ム:::::::::ム
.            `.|:::::iヽ.   (  ヽ ,ィ l:::|` <_::::
              ,i:::::l::::::::>  r‐ ´  l:::l    ,,ィ.
.            /l::::r. ´ゞ __  ヽ  / i::/-‐/'. .
.           ,,. ´ム:ノ. . . ヾ 、 ̄`  '´l::| /' . . . .
...    ピタッ ,.イ . /::/. . . . . . .゙=‐、   |::|´ . . . . . .
.        / . . /::/.i! . . . . . . . . ><|:::!. . . . . . .

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第二十六話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第二十七話

809 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/10/17(月) 21:00:33 ID:gEgh11rw0 [1/62]

   五十嵐家の辺りは、高級住宅地である。

   だから住んでいる人たちは、
   会社員にしても、課長クラス以上の人ばかりになるが、

   できる夫は、この晩になって、
                       セイレイカッキン
   初めてそれらの人たちが、いかに精励恪勤しているかを知った。


                                      __...,,,_
                                    ィ´ | ヽ  `ヽ
                                  / / 。o≦三三三ミ、
          ┌─‐───────────┬──────‐┐ `~'Y"ヾ_,.`八__;;人゙゙,//
              |「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |:::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|(ヾヾ|ノヾ; /ヾ;| レ'_;.,、;;;)
              |   | ̄ ̄| ̄ ̄|   | ̄ ̄| ̄ ̄|  |:::| | ̄ ̄| ̄ ̄|  |ヾ''ヾゞ、,//':'ヾ" i、ヾ//丿
              |   | / | / |   |ェェェェ|ェェェェ|  |:::| |ェェェェ|ェェェェ|  | "\゙゙Y゙゙ ;゚'ヾj レ| ;;/,::丿
  ┌┬┬┬┬┬┼┬┬┬i|_________┌─┴──────‐┼l  |!: : `゙|ノ ノ | //、.,,,_
  ├┴┴┴┴┴┴┴┴┴{===============| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄|::|   |!: : ( / |i //
  | ____    _____/ /:::| ̄ ̄ ̄ ___ ̄「|   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |::|   |l: :  :|  |l /
  | |//|//|  ,,,|゙,,//|ヾ/ /:::::|      |「::::::| | |:|   |//// ___    | |::|   |l: :  :|  |l |
  | L r‐┤ (:.:.::;;;;i⊥/ /:::::::|      ||:::::::| | |:|   |/// /:::::\  | |::|   |l: :  :|  |l |
  |   (;;;;w;)(.:.:;;;w;;i/ /::::::::::|  (:;;;゙)||:::::::|_|_|:|   |//....〈=─‐=〉....|| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄|¨ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴|/|Z  |::::::::::: /                |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬|/|ニニ7|:::::::/                 |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴|/|ニニニZ/                  |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴




   彼が二時ごろまでに五回聞いた自動車の音は、
   いずれも最新型の高級乗用車のエンジン音だったのである。


.
できる夫 マイナス・ゼロ 第二十七話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第二十八話

878 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/10/20(木) 20:00:25 ID:sTnzkDbk0 [1/77]

   _,n_00                    |//,|.  ヽ
  └l n |    ,⊆.己  _,n___             |//,|    ヽ
    U U    `フ_厂  `l_ヤ′            |//,|.      ヽ
       ┌―――――――――――――..|//,|.      ヽー┐
       | |三三三三三三三三三三三三三.|//,|        ヽ.|
.         | |                        |//,|        | |
.         | |         /ハ / }  イ /  } |//,|        | |
.         | |       / {/  } /      ム|//,|        | |
.         | |    }`Y        ィ_ ィ      |//,|        | |
.         | |    / 八 xー`ー` " "    Z、    |//,|        | |
.         | |    {  /       /       {    |//,|        | |
.         | |  、 ./     {  {      { 、 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.         | | <.〈 ィニニミ 、--v ィニニミ 、 「    |                 |
.         | |   [{:::(◯)::}::}⌒V:{:(◯)::}]ニニゝ | やあ、いらっしゃい  |
.         | |     {^ゝ _彡/  ゝ _彡  }/:   |                 |
.         | |     Vハ    {、__,_,     〃). ゝ__________,ノ
.         | |      ∨} /    `ヽ  / ! イ..|//,|        | |
.         | |     八 { -‐_^`_‐- } / } }..゙|//,|        | |
.         | |   / j ヽ、, ,人 、、 __ .ノ 从ノ_..|iーi,|        | |
.         | |   { `ヽノ〕      / `¨¨¨¨/..゙|lニl,|        | |
         _厂{     L.. {   {   . -‐/´ ̄.|L.l,|        | |
.   r‐ ¨¨    ー┐  八__ノー廴_ノ  { -.....|//,|        | |
. /ゝ       {¨¨  /{__./ヽ/ ノ   /     |//,|        | |
.    〕        \ {i:i:i/ / /   { " ¨¨¨.|//,|        | |
.  / 廴         ∧ ∨ / {     {  __ ||l l||        | |
.......′  `ヽ     /  }/ / /     〉´     ||l_l|| ◎     | |


   できる夫は、ドアを開けると、
   井上俊夫にそう言っておいて、後ろの若い娘に目をやった。

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第二十八話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

できる夫 マイナス・ゼロ 第二十九話

2 名前: ◆V5MoR28LME[age] 投稿日:2016/10/23(日) 20:00:39 ID:GgGTMURw0 [2/36]

   黒部啓子は、夕方になっても昏々と眠り続けていた。

────────────────────────────────────────────
                   /                    \ィ´  ̄ ` ーァ
                       /           , ´               ___ノ
                      ,′       /  /                `¨¨ヽ
                   / /        /  /      .:´                ,
                     / /        /  i.       ,′                ,
                 / /        /   ,|       /  1        ヽ  、 ',
                   / /        /   ノ,'|.      l _,' !          i | \ '
               / /        / Y⌒ヽ!      l ./ |ト、|    i|  l| |  `’
                /        /   { i´ ト|i     |/.、__|i. |ヽ ハ  i|  l| |
.              ,' /        /  . : 廴  |i    Ⅳ  ゞミ、 |. / | i|  l| !
                , /        / .:.:.:.:.:.:.:! `. |i    !.       |/ /レ′ 八 |
            , /        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  |i  l |          〈: : ::|/  リ
             〃       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   |i  l |           >: :|
            /       ′.:.:.:.:.:.:..:.:.:.!   |i  リ   ヽ二マ x ´: : :|
                 ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  |   |、    /: : : : : : :|
          ,       .:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人  |   |.:.:.┬ .´: :!: : : : : : ::|
                    ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  ̄` |   |: : ::i: : : : |: : : : : : : !
────────────────────────────────────────────



         {      \  }   ノ }
        rヘ    ミ ー 、ノイ 幺イ
        _{     /       ミ/ 7
         \`ヽ f ー=ミ } /-=‐ } /
          `ハ} } <苡   { 苡>}ハ   薬の量を間違えたか……?
            {く} }u. /   }\  リi}
          ゝ} }  , -`‐´、 〃'
            小ムヘ、ムィへーミ.从〉、
        / { 、\ ーzへ、イ/ / ㍉、
     , -r┘  ∧ >- 、从从イ- 、′   ㍉、
   / r┘   ∧{ r_,)}_ ィ r_,}       }、
r‐くニニ㍉      ゝ-彡 ¨¨¨ ゝ-彡     ノニ=- 、
|ニニ丶ニニ㍉      ∧   Υ   {      ノ ニニニニム
|ニニニヽニニ㍉     ハ  |   {      ノ ニニニニニニハ
|ニニニニ‘,ニニ㍉     } |   {   ノニニニニニニニニニ}


   できる夫は心配になり、
   時々、寝室へ入って、息をしているかどうか確かめた。

   この分だと、明日の朝まで寝ていそうだった。

.
できる夫 マイナス・ゼロ 第二十九話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加


まつげケア