クリックで開閉
最新記事
スポンサードリンク

【R-18】白き主と黄金の剣閃【安価】 最終章:黄昏の彼方 第四節:わたしは ここにいる

6896 名前:八つ手 ◆L8K2T5GUS2 [] 投稿日:2016/05/23(月) 21:01:30.37 ID:hogSrrZ+ [4/171]





┳┳┓┣┣┫┗┗╋╋┃┃━┓┣┳┓┣┣┫┗┗╋╋┃┃━┣┳┓┣┣┫┗┗╋╋┃┃━┫┗┗╋╋╋╋┃┃━









                    ―――『存在』と『否定』、二対の鬼械神―――









┗╋╋┃┃━┣┳┓┣┣┫┗┗╋╋┃┃━┓┣┳┓┣┣┫┗┗╋╋┃┃━┣┳┓┣┣┫┗┗╋╋┃┃━┫┗┗╋

.
【R-18】白き主と黄金の剣閃【安価】 最終章:黄昏の彼方 第四節:わたしは ここにいるの続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫とエイラと整備室 ライーサさん小ネタ

277 名前:ヘタレの横好き ◆17MAXUFWKY[] 投稿日:2016/06/02(木) 21:01:48 ID:cNS/Kwpc [3/21]


               ____
             /      \
           / ─    ─ \    暑い
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \









.            iヽ.              li;,
.           !  ',    , -‐- ._   .!∧
.          N! ト、 ',   i' .!     \ .N:/∧
.          i i! l. ',∧  i. =v=     _ _i///∧
.         i  l  . ´i\.l. _..> ´ .-V// .∧
          i.  /   \◎ _... <    V/ .//,i
         i. '       ̄          \///,i
         '     l                 V//i; i
.        /   /  .ハ            !    i//'
.         / / ././ /  マ \\ \_ !  !   V  i
       //l.  i/i / ̄. マ  ヽ \ \.l  l\   \_
          /   i :竓竿ミ \ キ.笊无ミl ,'!  ` ー- イ
        'i ./ ∧{ 辷う゚  `  .辷う゚ | / `i  i   i
          l/ ,  .i`i    '       i/ ソ  i!  ! ',
         i i! i i人               /´   ハ. !\!
        ∨! ! i i.>へへ `   , イi!  / ∧.∧ノ そうですね、昨日は結構肌寒かったのに・・・
           乂l\,rく\ ` 廴. <  i/i/j/  '
            所wク   / }O    ハヽ
              ´ ./   / {O     , 彡 ヘ\
          /   {   .{l.=个ー ´/.      \
            /  /i   .ノ.ヘ.0.i ∨        ア⌒ヽ、
.           /  .(ニ=-‐ ´   〉.j       /      }
.        /   マ.    .ノΛ.       /       i
       /    .マ_.=-'   :Λ     /   .___,   i|
       {      .}     ./ :.∨     / : : : :   リ
やる夫とエイラと整備室 ライーサさん小ネタの続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫とエイラと整備室 第五話

171 名前:ヘタレの横好き ◆17MAXUFWKY[] 投稿日:2016/05/29(日) 22:01:10 ID:ow0HrlUk [6/57]





      ┏┓                                            ┏┓
      ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
      ┏╋────────────────────────────╋┓
      ┃|                                            |┃
      ┃|      やる夫とエイラと整備室                      |┃
      ┃|                                            |┃
      ┗╋────────────────────────────╋┛
      ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
      ┗┛                                            ┗┛




                     ,. < ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ >..         , - ―――――― -- 、
                       ,. < ー゚ー―゚――゚― \>..     / _。__。__。__ ヽ.、
                  ,. <                i  i\   , '                    \丶
               V                   |  !. \  |                    \\
                V                  |  !.   \|                      〉 \
                 V                  j_|      |                      /   入
                  V         , -―- <´ ̄: : : ̄:>-‐==、                  /   /  \ー- ._
                   V、____../   , -‐/: : : : : : : : .ヽ ヽ   \               /   /      \   >-、
                 ヽ.ニ二三_/   /. :/: : : : ノ: :、: : : : :.:.\   \ー――――‐ /   /        /\ >一'´
                       \    〈_..> '´/: : :/: :/i: :i\\: : :.:ヽハ ー‐一'三二ニ=一'"  ヽ       /  /
                        \ ー -=ニ. i/i:./:.:. ト廴_Vl 斗匕: : : :∧ ー――――==ニ二三.\     /  /
                         \       i/: / ,伝ら   伝:ら ヽ: : :Kク..-‐=ニ彡          V i /  /
                          \     'xi iハ弋:ツ  弋zツ レ`ハ`ー‐'"´\  \   \  _\ \/
                           \.   i:i八     _,   .イi≧トー-、/ ̄ ̄`ヽ_二ニ=-‐ '"´  ヽ /
                       _,.. -ー―.リ レ> .. __ ィ.´ .iー{    >'´_二_`ヽ、             レ
   _ ... .. - ―――――==ニ二.ヽ       ヽ/i  ヽノ    /  ゝ..__  //ミ川彡ハ }\   始まるぞ!
  f::j                         i_i____.V Vー大ー―'´ / ノ   ゝ! i彡川ミツノ  ヘ
.  ー'―-==ニ二三 __     __ /二二  三ヽ. V   ハ.    / ー‐ァゝゞニ二ニ‐'\ ∧
                   ̄ ̄ ゙ー、     _ ー一' _ノ≧ト廴 ー'´  .ゝ<  i> 、 _.>ク人ノ
                           ` ーくフ 弋_ /   / V  i_フ`'< \   ミヽ i∧  ̄ ´
                          V   \ `ー‐'   V !ヽ  ヽ`'<> 、   \ 〉
                            `゙'<   >      Ⅵ!_二ミx ∧    \.  ∧
                                 ̄          `゙<  ∧      \  i
                                              \..∧         ー'
                                              ー'
やる夫とエイラと整備室 第五話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫とエイラと整備室 無声即興小ネタ

24 名前:小さな名無しさん@この板は300レスまで[sage] 投稿日:2016/05/22(日) 09:50:34 ID:EvmGgfWA [1/6]
ハイデマリーと会話中うっかり胸に目がいって鼻のばし
そこをサーニャに見つかり、エイラに通報
お仕置き……

27 名前:ヘタレの横好き ◆17MAXUFWKY[] 投稿日:2016/05/22(日) 13:42:35 ID:fJz5FD.o [1/19]
>>24





               -‐‐== = ==‐‐-
           , '
         /               \   \
           /           }        、   \
        /    /          }           '
         /                }  i           ‘,
      /     i   |   '}   |  l      |
     ,/ ,     |    |   } }l     /|    /|  l     ,
     / /  l   八≠===ャ l  / /ァ====| /
    ,イ /  人,  l  \/ ,ノ从/|,/  |  /   レヽ     |
    i/|    \| y=≠チ斧   /  斧fi≠=x. |l    \
     {     ‘ 〈 弋r:ノ         乂r丿 〉 '     } \
      八     '                    /.::   ハ/ \|
       \l\   \         `       ム    ' ヽ
       /  \∧                /| /          ┌┐
        / l  ヽ ::..ヽ     '  ヽ      イ..:'   / 人   ..|| [][]
      ,〈 人   ハ  :::::::::: ...... _ ...... :::::::::/:::::: イ/l/     ||   ┌┐ i⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、__
         \/ リ\l\:( ,l ̄ ̄|l ̄ ̄|  ,/ー /         l  !   ノ l  ⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、__!
          _   - ‐ '  _ ,| _ __  ー-  _         ヽ、`¨´ ノ
         /  ‘,      ∧        ∥  ヽ        `¨¨¨´
        /     ‘,    / ∧     /      '
              ‘,   ///,/∧    /      }
やる夫とエイラと整備室 無声即興小ネタの続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫とエイラと整備室 第四話

256 名前:ヘタレの横好き ◆17MAXUFWKY[] 投稿日:2016/05/21(土) 22:00:21 ID:d6NuSYE2 [2/44]





      ┏┓                                            ┏┓
      ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
      ┏╋────────────────────────────╋┓
      ┃|                                            |┃
      ┃|      やる夫とエイラと整備室                      |┃
      ┃|                                            |┃
      ┗╋────────────────────────────╋┛
      ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
      ┗┛                                            ┗┛



.                           、_ _
                       . : : ´: : ヽ: : :`:.‐. _
              え      //: : : : : ,: : ,: : : : : : ヽ
              っ     /'ィ: :/: : /: :/: : : :、,: : ヽ:.ヽ
              へ     /,: :/'.,、,,メ: : イ/: : : : l: : : :.i: : i
             ん     /'|: :|ィ/ .|`>´|/|: ト: :l: : : : : |: : |
                     レ∨`‐-´  ' マヘ‐ト/: : : i: : :!
                (´ `=-  .i .:::.  、  丶__.'ノ: : ; :/: :/
                  ` ‐' .    ヽ /`‐-, .:::.,/:_イ'イ: :/
                  .,.-:、__.  _ヽ _ノ  _ソヒ'.ノ:./
             ,.、../:Y:::::`ァ‐::`マイ7‐=ァ<-、‐ ´    始まります!
.       ,..:::‐-..:^::':、::::、:::::_::ィ^::ヘ/ァ、゙>!_/:i:_;、'`´
        |::::::::::::ヽ::::::::`::://::::// / ∠_::::::|.ヽ:)
         i:::::::::::::::::i:::l::__/:::/::::/!'.L -ァ:´\:::::`::`:ニヽ
          i:::::::;::-‐|.' ./:::::i:::/. |',.イ':::::::::::::>:::/::::::::`
.         i::::::::::::::ヘ_.イ:::::::!/ :: ./::::::::イ´ヽ/::::::::::::::::i
          i:::::::/アヘ:::::::::/ .:. /::/:::::::::::/::::::::`:::‐-'、
.          i::::::!kヘ,ソ:::::::/  ./::´:::::::::::::::::ヘ:::::::-:::_:::<
           `‐<::`:_::::::/   /;.=ミ,ヘ::::::::; ´ >;:::::::::::::ヘ
         /:::::::::/::/   /:;_`ァ`' ヽ‐-...-`‐-:::::::_::ヽ
やる夫とエイラと整備室 第四話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫とエイラと整備室 第三話

173 名前:ヘタレの横好き ◆17MAXUFWKY[] 投稿日:2016/05/15(日) 22:00:35 ID:SvxYykQA [3/54]





      ┏┓                                            ┏┓
      ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
      ┏╋────────────────────────────╋┓
      ┃|                                            |┃
      ┃|      やる夫とエイラと整備室                      |┃
      ┃|                                            |┃
      ┗╋────────────────────────────╋┛
      ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
      ┗┛                                            ┗┛






                  -――
               /:ノ)): : : : : : : ヽ
             _// 彡' : : : : : : : : : :.
.         - { ̄!  ノノ: ii: :、: : : :\: : : 、
     /    |:::::|┬イ 十:||i:.| \: : : : : : : \_
.      {  _   |:::::lV : 示ミ 从|  ̄\|i: : : : :(⌒
     、  >----{i从代 ソ   V圻ヽ从|: :}i : >
      ーく     V八ヽ  '  ゝ'' ノノ:从八:{
         \\ /ニ\ 「 )  イ!       ヽ
            ー∨{ニ / ー /八     始まります!
             ,i=|ニ/\> ''ニニ ヽ          / ヘ 
           /ニ|,/ /ニニニニニ \           /リ
           }ゝO-===彡' / ̄ \ニ,)        / /
           /''大<// /     ∨      / /
            {/{  \\ 八     {        / /
            ∧:|     ⌒ヽ ヽ            / /
            { ヽ     _/∧    、   / /
.           八|           レ\ ヽ   \ / /
           }         人  ヽ }    V /
           {               八     }/
            \         /  \ 彡 )
             \ __ 彡イ     } rvノ
                     ヽ     |     ,'∪'
               _}  ',   、  / /
              彡>イハ   ' / /
            /  Y  ノ ヽ    ' /
              乂_  ''    '  / /
                         _i / /
                       ハ,'' /イ}
.                    / / /  /
                   /'' </_彡'
                  ''<   /
                      ̄
やる夫とエイラと整備室 第三話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫は妖怪と共に戦うようです

931 名前: ◆KuKioJYHKM[sage] 投稿日:2017/01/18(水) 21:31:59 ID:suBYVn0c [3/25]

          ____
        /      \
       / ヽ、   _ノ \
     /   (●)  (●)   \ n
     |      (__人__)    l^l.| | /)
     \     ` ⌒´    /| U レ'//)
    γ⌒               ノ    /    【やる夫は妖怪と共に戦うようです】
     i  j         rニ     ノ
     ヽ、 l           !ヽ、_,__/
   /つゝ、,!          }
  {〈〈〈,ゞソ          〈
   ` ̄/            \
    /     /´`\      \
    !    く´     \      ヘ
     \    \       ヽ     ヘ
     (´________ノ        ヽ    ヘ
      ` ̄  ̄            ∨______`)
                     ̄ ̄ ̄´
やる夫は妖怪と共に戦うようですの続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2017/01/19 02:45 ] 短篇集 | TB(-) | CM(0)

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第十話

583 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/07/16(土) 20:24:42 ID:l0hpiJUw [76/119]


            _     __上ニニニニTR
         rニニニiヲニコT彡t―.王ニニニニニ=、=┬┬┬-D
         ├──────''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||ミ:.:.: : ::┴┴┴ヲノ
         │: : : : : ┌──┐: : : :┌┐: : : :||il───┐li /┬──┐
         │┌┐: │┌┐│: : : :││: : : :||: : : : : : ::│:::/:┬┬┬ヲ
        フ::││: ││││: : : :││: : : :||:──┬─V:┌───、
          /:::││: ││││: : : :││□: :||:──┴ ‐/∧: : : : : : : \
      _  /:::::││: │└┘│: : : :││: : : :||: : : : : : : //: : \/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
  , ' ´,-i i-`'、:::::└┘: │    │: : : :└┘: : : :||: : : : : : //: : : : : /´三三三 /
../ ハV | | .//ヽ::::: : : : │    │: : : : : : : : : : :ノ: : ,、: : //: : : : : /三三三三 /         ノ彡ミミヾ?rツ   ノ彡ミミヾ?rツ
{ ヘ V | |//  >',::::::::: :│    │: : : : : : : : : //ノ/∧://__/三三三三 /       彡´  r  ム jl   彡´  r  ム jl
i.l  \V..|/ //廴、:: :│    │: : : : : : : //_ ././//__/´ ̄/ ̄ヽr――-、     彡    入 ヶ {l7 彡   入 ヶ {l7
|.|---{  ヾ/_{i|ミ: ー┴──┴──<_/ , -''´  ̄ `' 、     /  //,r ´  ̄ = ー イ     //  ヽ _」l     //  ヽ _」l
|.|_ - ''v/ソ、____|.|├─======-==-==-=//ヽ | /ハ 'n二二二二二二二二二⊃l    { ハ二?リ|    { ハ  ?リ
' ,  //| i \ ̄ | |/i l┴──、 、 フ ┬─/ /\  V // >、 ',三三//{  レ      !   !l }     !    !l }
.V/ ./ .| .i  V//ヲ┘│   ヽ.... │ 7 .ト、_>-、/_ ゝ',三彡ノ t   ヘ       l    j l j     l    j l j
 V /. . | i  ///.. . └─   `''---.┤ |___it j }ミ=、 | iフ=. 、ヽ>、 ゝ、、_  tヘ / ノ ハ _  tヘ / ノ ハ
  \ミー >//              { ハ  //不/ヽ`'-i }   .`'{ k  〈    ̄{  V-<.ハ   ̄{  V-<.ハ
   `ー―''´                ヽ V ./ | ヽ V ./       .l 「 ?こ、   y }  ? j    y }  ? j
                         \ソ-.上__ソ/       ノーl   \ヽ   } l   ヽ‘、   } l   ヽ‘、
                          `''ー---'''´      .ゝー'’    ヽ\ ノン      v`、 ノン      v`、
                                                  辷イ/      yヘ、/      yヘ、
                                                   し'        辷 コ        辷 コ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 馬車が一台、数騎の護衛に囲まれて進んでいく。簡素ながら上品な作りの
┃ 馬車で、側面には薔薇の紋章が刻まれていた。
┃ 
┃ 広く整備された街路を闊歩していく様を通行人が訝しげな視線で眺めるが、
┃ 特に干渉することもなく通り過ぎる。ただ、こんな大仰な一考が二板の中央通りを
┃ 行進することが滅多になく、珍しいから眺めていたのだろう

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第十話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第九話

403 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/07/16(土) 13:55:05 ID:l0hpiJUw [45/119]
                                              __,,<三/__ノ
                                              ,,'’三>―<./
                               _             /三>'’     /
_                               _ \\∧∧∧∧,,<_,r< ./ ̄  ./
`ヽ\                       _ \\ ∨!_.!∨三>'´   !  ∨     /
  \\/i/! ,、      _          \ \\\|爻爻<    ̄ ̄|. .∧    .|
\|`ヽ\爻|/:|/|/|  / /                \_/´:爻./ ̄`ー>== 、.弋ノ   ̄\ .|
 ∧ ∧.\爻`ヽ_// /               |三.∧∧  _     `≧ニヽ、    .|
`´ `´__,>ミ爻爻<´          ,..イ     |ミ/  !?   ∨ ̄ ̄|  `'<:>、 |
/ ̄ ̄ ̄ ̄\!ミ三ミ|    __∧_∠./     ./∨   ! |:∧  弋_/ ̄|_  `'ヾ_>=-.、
   _i´`ヽ/ /∧三|    \/ ̄,.イ_>     /ミ.!   ! 弋∧   /         >―、_ノ
 /`ヽ、 ヽ .// .|ミ∧     Σ! />       .|三.!   !  ∨ト、 \    .>'’ ̄
     Y´.//  ∧三!    .∧/リ\!      |ミ∧  l    ∨.!       ./
         |_|  i! .|三|     .|∧i. __ 、-.、iヽ、/∧:::!  .|!     ∨!    /
`ヽ、    |_|  i! .|三|、 .   |_.∧...\.人〉ノ\!\i!∨   !>-、  ?   /
.  \   ./_|  .! .∨爻\_|_,.イ下\`ヽ≧\ ∨|.  ,i   ii  ? ./
     \ |ミ:| /\ \爻≦ヾj<二二ス}》>}ァ弋ァ-〈 /:i  /    ∨l、
.     ∨ミ:| ||   .\ `<爻.|≦ノ`ー<リ戈二>\/ ̄ノ        |/|
        |三|    ./\. 戈仝/! ./ ii.\》   ̄`! _>'´ ̄ ̄ ̄\_|
        |∧|,,´ ̄`'< .\ .∨ | .|! .!    ∨ _>'´
      |::::|       \.:ヽ| |! ! 弋、  //¨\
.       ∨           \|  ', .\ /  ,.イ人从人
                 __弋  \,.∨ヽ,..|从从从从
              ,.<入人\ 弋i i .|从人人,.イ
                 人_人_ノ  ̄\. ヽ  .从人人人|
                >、人/ ___><从人人人ノ
.              /><__,ィ  ノ  .弋人人人ノ
                ´ . __/ ̄ .:/       |三|__
                ∠∧_/_,.-、 \.    _/∧∧\
                  ∨ ∨  .`¨´     .` ∨∨ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 城の後ろに広がったドレイクの発着場にルーデルが単身で狩るドレイクと、
┃ 大型の橇を牽いた四頭の飛竜が静かに着地した
┃ 
┃ 飛竜はドレイクに相当怯えている様子だったが、騎手が懸命に押さえつけている

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第九話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第八話

19 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/07/16(土) 00:24:31 ID:l0hpiJUw [3/119]







           __________
          //|∥∥∥∥∥∥∥∥∥
        /;/ ;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /;;/   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /;;;/ :::::::/
   /;;;;/;::::::::::/
  /;;;;;/:::::::::::::/
/;;;;;;/:::::::::::::::/
 ;;;;/::::::::::::::::/
;;;/::::::::::::::::::/
/::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 城の縁で珍しくやる夫が外に出て空を眺めていた
┃ 
┃ その先には小さな点のような影が見えるが、それは一度弧を描いて飛ぶと
┃ どこかへ去っていってしまった……

┃ 簡素な服の上に纏った外套が巻き起こった風に煽られて揺れる……

【安価】やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第八話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加


まつげケア